ニュース」カテゴリーアーカイブ

浄土真宗本願寺派 新たな生涯聞法体系構築へ

浄土真宗本願寺派

 

新たな生涯聞法体系構築へ

教化団体長らが協議開始

 

浄土真宗本願寺派で8日、新たな「生涯聞法体系」の構築を目指し、さまざまな教化団体長らが話し合う会議が始まった。地縁や血縁が薄れつつある現代に対応し、一人一人のライフスタイルに合った聞法の場の設定などを目指す。

集まったのは、仏教婦人会総連盟、仏教壮年会連盟、仏教青年連盟、少年連盟の団体長ら約20人。子ども・若者ご縁づくり推進室が事務局を務め、現状や課題の共有や、今後の教化体制について、分科会なども設けながら意見交換した。

参加者らは組織の協力体制について、「年齢や性別のくくりではなく、ライフステージに合わせたつながりを考えてはどうか」「団体の垣根を越えた会議やイベントは」などと問題提起。対外的なアプローチとして、「転勤族など、地縁のない人の受け皿にお寺を」「日常的な遊び場となるよう、境内にキッズスペースや遊具を設けてはどうか」などの具体案が出された。また、継続的な情報共有の場を求める声もあった。

「生涯聞法体系」は、大谷光真前門主の伝灯奉告法要時の宗門発展計画で1977年から検討され、83年に発表された。心身の発達段階に応じた聞法の場を提供する取り組みだが、近年では中高生や大学生年代、40代以上のミドルエイジへの対応を検討するなど、新たな展開が求められている。子ども・若者ご縁づくり推進室長の弘中貴之副総務は、「切れ目ない教化体制の構築」を全体の課題として掲げる。

今後は、保育連盟やスカウト指導者会などへも参加を呼び掛け、より具体的な方策につなげる見込み。

弘中副総務は「各教化団体の課題や意見、要望等を踏まえながら、次の時代におみのりを伝えるため、教化団体がどのような形へと進化していくべきかを考える大きな第一歩になったのでは」と話している。

妙心寺派東林院 夜間特別拝観で心を丸く

妙心寺派東林院

 

夜間特別拝観で心を丸く

梵燈の明かりに包まれるひととき

 

大本山妙心寺塔頭東林院は、夜間特別拝観「梵燈のあかりに親しむ会」を11日から開いている。蓬莱の庭に、約800個のろうそくと西川玄房住職の手作りのあかり瓦「梵燈」がともり、和やかな空間が現出している。20日まで。同会は1999年5月から本格的に始まり、今年で20周年。今回は拝観者が祈りを記した献灯を用いて江戸時代の禅僧仙厓義梵の「○△□」を表現。○は絶対の真理、△は仏と一対となった坐禅の姿、□は四方を枠でとらわれた心を表している。△の角を□に重ね、己のこだわりを捨てる意味が込められている。

また今年は改元を記念し、平成の「平」と令和の「和」で「平和」の文字もともされた。

西川住職は、「四角も三角も必要だが、日頃は角をつぶして丸く、平和に過ごしたい気持ちを込めた。一日一度は静かに座って呼吸を調え、本来の自分を見つめ直す機会にしてほしい」と述べた。

浄土宗 40教区で50議員が無投票当選

浄土宗

 

40教区で50議員が無投票当選

7教区は選挙戦に

 

浄土宗は11日、宗議会議員の立候補者の辞退受付を締め切った。40教区で無投票当選が確定し、7教区で選挙戦が行われることになった。

選挙となるのは、宮城、東京、岐阜、滋賀、京都、兵庫、長崎の各教区で、26日が投票日(23〜25日に期日前投票)となる。定数を大幅上回る教区や、現職議員の勇退で新人同士の選挙となるケース、過去の選挙戦の流れから今回も選挙に突入したところもある。選挙になるのは次の通り。敬称略。( )内の数字は期数。

【宮城】(定員1)=東海林良昌(雲上寺)、太布基雄(大念寺)

【東京】(6)=鈴木定光(3・心行寺)、水野佳昭(回向院)、加藤昌康(3・森巖寺)、新谷仁海(3・功徳林寺)、稲岡春瑛(1・林宗院)、問川良元(3・太宗寺)、藤本泰史(1・天徳寺)

【岐阜】(1)=淺野義光(6・本誓寺)、松野秀成(圓通寺)

【滋賀】(4)=鶴野重雄(3・浄栄寺)、静永秀明(金龍院)、前田晃秀(若王寺)、中川法隆(浄土寺)、小川良道(東光寺)

【京都】(5)=堀芳照(西向寺)、池上良賢(光照寺)、武田和清(7・因性寺)、兼岩和広(轉法輪寺)、石津幸次(西福寺)、土方了哉(4・大頂寺)

【兵庫】(2)=貴田賢次(西蓮寺)、土佐公行(阿彌陀寺)、小栗賢亮(5・光明寺)

【長崎】(1)=深町光洋(地福院)、安藤光宣(3・崇台寺)

無投票当選は次の通り。新は新人。敬称略。

【北海道第1】寺井孝嗣(4・宝隆寺)

【北海道第2】松岡智宣(2・阿弥陀寺)

【青森】簗田成義(3・光明寺)

【岩手】吉水義教(3・真城寺)

【秋田】小林俊道(新・正覚寺)

【山形】佐藤智史(新・稱念寺)

【福島】佐藤芳文(新・東圓寺)

【群馬】茂木恵順(2・雲晴院)

【栃木】伴乃昶(3・照光寺)

【茨城】中嶌正史(2・西福寺)

【埼玉】粂原恒久(3・蓮馨寺)

【千葉】江口隆定(新・大蓮寺)

【神奈川】宮林雄彦(5・大光院)、三荒弘道(新・善徳寺)

【山梨】武内良憲(4・光福寺)

【新潟】荒井道也(2・宝蔵寺)

【富山】黒川顕雄(2・寶樹寺)

【長野】袖山榮輝(新・十念寺)、山下徹静(新・宗林寺)

【静岡】野上智德(3・宝台院)

【三河】加藤良光(4・普仙寺)、八木俊英(新・昌福寺)

【尾張】小澤正眞(3・蓮臺寺)、幸島正導(4・善光寺)

【伊勢】村上眞孝(9・西林寺)、横井睦尚(4・清光寺)

【伊賀】豊岡鐐尓(8・念佛寺)

【石川】光成範道(7・法船寺)

【福井】𠮷川文雄(3・善妙寺)

【奈良】川中光教(6・奥院)、吉水仙昭(2・迎乗寺)

【和歌山】山本正廣(5・永禅寺)

【大阪】神田眞晃(4・法善寺)、中川澄彦(2・安楽寺)、大﨑順敬(3・西林寺)、杉森隆志(2・玄清寺)

【鳥取】根井一彦(新・西蓮寺)

【出雲】名越邦博(3・欣浄院)

【石見】本田行敬(新・極楽寺)

【岡山】三宅喜憲(新・圓常寺)

【広島】加用雅愛(5・清岸寺)

【山口】西村文成(新・願王寺)

【南海】溝渕和幸(2・善導寺)

【愛媛】中村在徹(5・浄念寺)

【福岡】堀田定俊(3・常福寺)、永江憲昭(新・一心寺)

【佐賀】光岡素生(3・常光寺)

【熊本】飛永孝昭(新・阿弥陀寺)

【大分】結城文宏(新・浄土寺)

【三州】川畑憲光(新・法隆寺)

総本山醍醐寺 大元帥法の伝授に必須で

総本山醍醐寺

 

大元帥法の伝授に必須で

理性院流の許可を他派へ

 

今上天皇の即位を祝し、総本山金剛峯寺は2020年に、総本山醍醐寺は21年に大元帥御修法を勤める。理性院流大元帥法を代々相承している総本山醍醐寺座主の仲田順和大僧正が10日、史上初めて他派に対して「理性院流許可灌頂」を行い、真言宗各派も本来の大元帥法を営むことができる ように開放した。

大元帥法は、弘法大師ならびに入唐した常暁和尚が日本に伝え、朝廷に奏上。爾来、天皇即位の折には必ず宮中で厳修されてきた。宮中で廃れた折にも醍醐理性院で護持されてきた。廃仏毀釈が吹き荒れた1871(明治4)年以降は宮中では途絶えたが、醍醐寺では歴代の座主に法流が受け継がれてきた。

近代において金剛峯寺や他寺で大元帥法が修された記録はあるが、理性院にのみ伝えられてきたものが本来であり、二山での御修法開筵を前に、種智院大学の主催で他派受講者にも許可。仲田座主が「醍醐法流の復興の一環」として宗派ならびに山内に伝授した。

記録に残っている前回の大元帥御修法の開筵は慶応年間で、その折りに出仕僧侶には許可されたが、明治以降は醍醐寺座主のみに伝えられてきたと推察される。

現代に真言宗の法流を広めることを願って再興を決断した思いに応えて募集定員をはるかに超え、宗内・山内希望者も含み約200人が「理性院流許可灌頂」を受けた。今後も次第などを復刻して伝授が続く。

総本山誓願寺 堂内に響く約200人の笑い

総本山誓願寺

 

堂内に響く約200人の笑い

策伝忌に落語会を開催

 

総本山誓願寺は6日、第55世法主の安楽庵策伝上人を顕彰する策伝忌法要を営み、併せて奉納落語会を開催した。(写真)落語ファンなど約200人の笑い声が堂内に響いた。

策伝上人は、笑い話を挟んで親しみやすくした説法集『醒睡笑』をまとめ、「落語の祖」と呼ばれる。有志が集まり毎年10月初旬に法要および奉納落語会が行われるようになり、今年で53回目になる。

倉内賢道法主の親修で法要を勤めた後、河合延昭説教師が法話を行った。河合説教師は、西山深草派は気付きの仏教であると話し、「私たちは、そばに仏さまがいらして救ってくださっていることを忘れがち。そのことに気付くことが大切」と語り掛けた。奉納落語会では、中学1年生の素人落語家やプロの落語家が登壇し、軽妙な語り口で笑いを誘った。

渡邊良純執事は「落語ファンを中心に多くの人が毎年集まる。策伝忌を通じて誓願寺に親しみ、お念仏と縁を結ぶ機会になることを願っている」と話していた。

大本山須磨寺 「須磨 夜音」今年も盛儀に開催

大本山須磨寺

 

「須磨 夜音」今年も盛儀に開催

夜の境内に響く天台・真言の声明

 

神戸市の大本山須磨寺(小池弘三貫主)で28日、音楽法要祭「須磨 夜音」が開催された。2016年から始まった同祭は、仏教音楽の声明をはじめ、ジャンルを超えた音楽や踊りのコラボが好評で、参加者も年を追って増えている。

天台宗と真言宗から16人ずつ僧侶が出仕して声明を奉納。また、出世稲荷前特設ステージでもさまざまなコンサートが行われ、参拝者らは秋の夜長の音楽祭を楽しんでいた。

曹洞宗 第28回總和会全国大会 過疎問題のシンポジウムを開催

曹洞宗 第28回總和会全国大会

 

過疎問題のシンポジウムを開催

パネリスト4人が課題や現状を報告

 

曹洞宗の宗政会派・總和会(会長=鬼生田俊英宗務総長)は8日、「第28回總和会全国大会」を曹洞宗檀信徒会館で開催し、全国から約140人の会員が集まった。今回は従来の大会と趣向を変え、各地からの意見発表の代わりに、鬼生田内局が推進する「過疎問題への対応」の一助とすべく、過疎問題に対する講演とシンポジウムを開催。過疎地の生の声を聞きながら、過疎問題への研鑽を深めた。

今年11月2~5日には大本山總持寺の能登から横浜鶴見への本山移転を英断した本山独住第4世・石川素童禅師100回御遠忌が営まれる。江川辰三大本山總持寺貫首は、「石川禅師さまは法系上、老衲の3代前の師僧にあたり、100回御遠忌をお勤めできることのありがたさをかみしめている。石川禅師さまは未来を見通すことの重要性を示しておられる。このことを、私たち宗門に生きるものは、常に覚えておかなければならない」と開会式で垂示した。

鬼生田内局は“竿頭の先に未来をひらく”をスローガンに掲げているが、鬼生田会長は「仏法の尊さを未来へつなぎ、宗門の未来、人心の安寧を図るため、自らが百尺竿頭の先に歩みを進めなければならない」との決意を改めて示した。

祝辞では石附周行總持寺副貫首が、2024年に迎える瑩山紹瑾禅師700回大遠忌に触れ、「瑩山禅師さまの遺偈の結句は『法堂上に鍬を挿む人を見る』だった。時代において難題に遭うが、それぞれの地域、それぞれの役割の中で、鍬をさし挟む勇気と歩みが大事」と語った。

また乙川暎元總持寺監院は、1907(明治40)年の本山の鶴見移転に際して、境内を寄付した成願寺と、移転当時の主要な建物となった放光堂と虎嘯窟を寄付した山形の總穏寺の顕彰碑を建立したことを報告。「御移転に際しての多大な功績を長く心に刻むためにも、顕彰碑を建てさせていただいた」と挨拶。さらに石橋晋哉参議は、總和会での議論が宗門の発展につながることを祈念した。

講演には、鵜飼秀徳正覚寺副住職(浄土宗)が登壇し、「寺院消滅時代を迎えて~人口減少時代の寺院環境」と題して話した。

「宗門寺院における過疎化について」をテーマとしたシンポジウムは、曹洞宗総合研究センターの清野宏道専任研究員がコーディネーターを務め、梅本実道氏(熊本県支部長)、西川良英氏(福島県支部長)、鵜飼氏、そして中村見自伝道部長(過疎対策準備室室長)が登壇。

海に囲まれた熊本県天草市五和町に自坊のある梅本氏は、人口減少が著しい地元の檀信徒の目線と、寺院側の目線の違いを紹介。さらに葬儀の小規模化や直葬などが増加し、かつて根付いていた互助の関係が崩壊し、中規模寺院も護持が難しくなってきた現状を説明した。福島県石川郡玉川村の村会議員を務める西川氏は、良識ある僧侶の育成の大切さを訴え、地域社会や檀信徒との密接な関わりの中で生きる寺院のあり方についても触れた。

鵜飼氏は寺院のあり方として地域や社会との縁のつながりの重要性を説き、過疎問題への対応として宗門などの垣根を超えた交流や情報交換の必要性を訴えた。また、中村伝道部長は4月から立ち上がった「過疎地域等における宗門寺院の問題に関する対策準備室」による島根、北海道、富山での現地視察と、地元寺院との懇談会の様子をつぶさに報告した。

妙心寺派祥福寺 木村老大師の退山式営む

妙心寺派祥福寺

 

木村老大師の退山式営む

岩村宗昂老大師が晋山

 

臨済宗妙心寺派の僧堂、祥福寺(神戸市)で3日、木村太邦老大師(曠然室)退山式ならびに岩村宗昂老大師(不属洞)晋山式が営まれた。同寺の関係者、檀信徒ら約300人が見守る中、祥福寺の新たな第一歩をしるした。

新しく就任した岩村老大師は二つの大学と大学院で学びを深め、瑞龍寺僧堂で10年間、祥福寺僧堂で5年間の修行を終えて今般、祥福寺僧堂の師家ならびに住職に就任した。(写真上)

岩村老大師は、「雲水の指導が一番大きな仕事だが、住職として寺院を動かしていく立場もバランスよくとっていきたい。未熟者なので、曠然室老大師から教わったことをいつも活かせるよう日々研鑽していく」と話している。

式には河野太通(龍門寺)、松本正道(養賢寺)、則竹秀南(霊雲院)、原田正道(曹源寺)、法輪太拙(清泰寺)、藤原宗欽(聖澤院)、政道徳門(圓福寺)、加藤月叟(海清寺)の各老大師・老師、栗原正雄宗務総長(正法寺)らが参列。祝辞で栗原宗務総長は、岩村老大師の人柄を紹介。「常に学ぶ心を堅持し、己に厳しく、慈愛を持って接される方と伺った。変えてはならぬところを見極める静けさ、変えるべきところを変え得る胆力を持って尽力いただきたい」と期待の言葉を述べた。

大本東京本部 出口王仁三郎聖師の耀盌展

大本東京本部

 

出口王仁三郎聖師の耀盌展

東京国立博物館で開催

 

大本東京本部は3~6日、関東の宣教をはじめた出口王仁三郎聖師の作品を味わう東京大本芸術祭「出口王仁三郎耀盌展」を東京国立博物館・応挙館で開催した。(写真)

出口聖師は1916年に上京し、都内および首都圏各地に別院や分院を設立。国家権力による2度の弾圧を受けながらも、綾部、亀岡に次ぐ関東の宣教拠点を開設する基礎を築いた。「広大な大宇宙・大自然こそ神が造られた大芸術作品である」と唱える出口聖師は自然の産出原理と芸術の創造原理の一致を説き、「芸術は宗教の母なり」と独特の芸術観を展開。わずか1年余で耀盌3000点以上の作品を手掛け、大宇宙・大自然の姿を茶盌の中に表現した。

出口聖師の作品は、美術評論家・加藤義一郎氏によって評価され、1941年に「耀盌顕現」と銘打ち日本美術工芸誌で発表された。全国で耀盌鑑賞会が開催され、東京国立博物館・応挙館でも鑑賞会が行われた。今回の耀盌展は、耀盌顕現70年周年を記念し、かつて鑑賞会が行われた応挙館を会場とした。

耀盌展には、「天国廿八」など20点のほか、聖師の墨筆「十二連幅」のうち「光」と「明」を展示。また、出口紅5代教主の作品10点も並べられた。成尾陽愛善宣教部長は「天国廿八は、亡くなった夫・父の行く末を案じていた母子が、亡父のいる天国の姿を思い描いて安心し涙したという逸話もある。信者ではなく、一般の方だったのが驚きだった」と話し、「新緑や紅葉など大自然の風景を見た時に、茶盌の中に描かれた世界が思い浮かぶ」と聖師作品の魅力を語った。

耀盌展に併せて特別講演も行われた。髙木日出喜大本楽天社事務局主幹が「芸術は宗教の母」と題して4日に講演したほか、備前焼陶芸作家の金重有邦氏や、日本大学芸術学部客員教授の金子啓明興福寺国宝館館長が5、6日に出口聖師作品の魅力を語った。そのほか、能楽や八雲琴の演奏会も行われた。

大本山建仁寺 マルベリーフォーラムを開催

大本山建仁寺

 

栄西禅師が伝えた桑の効能

マルベリーフォーラムを開催

 

大本山建仁寺で29日、京都マルベリー協会主催の「桑の文化を京都から―『桑』マルベリー記念フォーラム」を開催し、約300人が参加した。

開祖の栄西禅師がお茶と共に桑の効能を日本に伝えたことから同フォーラムを建仁寺で開催し、今年で15回目を迎える。

川本博明宗務総長は開会の挨拶で「15回、一度も雨が降ったことがない」と述べ、栄西禅師と桑との深い関わりから同フォーラムが開催されていることに感謝した。(写真)

記念講演は、渡邉隆夫西陣織工業組合理事長や浅野俊道法観寺副住職、原三郎京都工芸繊維大学名誉教授が講師を務めた。浅野副住職は「栄西禅師と桑」のテーマで法話。喫茶の効能や製法を述べた栄西禅師の著作『喫茶養生記』の下巻は、桑について記述されていることを紹介。五病に対する桑の効能や調理方法、お釈迦さまと桑との関係について述べ、「桑は漢方のようなもの。体になじむのに時間がかかるため、長期にわたって続けていただければと思う」と話した。

森井源三郎京都マルベリー協会理事長は15回の記念を新たなスタートラインだと話し、「桑は15年、20年と続けることが大切。今後は桑の入った青汁の製作にも本格的に取り組んでいきたい」と述べた。