今熊野観音寺 四国八十八ヶ所お砂踏み

今熊野観音寺

 

四国八十八ヶ所お砂踏み

親子そろって彼岸のお参りを

 

京都市東山区の真言宗泉涌寺派今熊野観音寺は21~23日、彼岸恒例の「四国八十八ヶ所お砂踏法要」を行った。今年で66回目になる。

藤田浩哉住職は、「始めた頃の人出ほどではないが、毎年大勢の方が熱心にお参りに来られる」と話す。

家族連れの姿が目立つのも同行事の特徴。無料で貸し出す白衣は、子ども用も用意しており、小さなお遍路さんも、さながら本四国を巡拝しているかのように、一つずつの札所を丁寧にお参りしていた。