全国曹洞宗青年会 映画「典座―TENZO―」がカンヌへ

全国曹洞宗青年会

 

映画「典座―TENZO―」がカンヌへ

信仰とは何かを探求した短編作品

 

全国曹洞宗青年会(倉島隆行理事長)が制作した映画「典座―TENZO―」が、5月14日から始まる第72回カンヌ国際映画祭の批評家週間「特別招待部門」への正式出品が決定した。

典座とは、禅宗寺院で修行僧の食事や祖師への供膳をつかさどる役職。この映画作品は道元禅師の著書『永平清規』の中の一編「典座教訓」を軸に、東日本大震災以降の現代日本における仏教の意義、そして信仰とは何かを探求した意欲的短編作。全曹青の河口智賢副会長を主人公に、「食といのちの循環」をテーマに、今を生きるということをひもといている。2019年秋の公開予定。

富田克也監督は「この作品は全国曹洞宗青年会からの依頼を受けて作った。3・11以降、彼らは人々から必要とされ始めたと感じ、今こそ日本人には信仰が必要なのではないかという思いから引き受けた。カンヌ映画祭からの招待は、まさに御縁をいただいたということだと思っている」とコメントしている。(写真は、アースデイ東京のトークイベントに出演した主演の河口氏(左)と富田監督(右))