大本東京本部 出口王仁三郎聖師の耀盌展

大本東京本部

 

出口王仁三郎聖師の耀盌展

東京国立博物館で開催

 

大本東京本部は3~6日、関東の宣教をはじめた出口王仁三郎聖師の作品を味わう東京大本芸術祭「出口王仁三郎耀盌展」を東京国立博物館・応挙館で開催した。(写真)

出口聖師は1916年に上京し、都内および首都圏各地に別院や分院を設立。国家権力による2度の弾圧を受けながらも、綾部、亀岡に次ぐ関東の宣教拠点を開設する基礎を築いた。「広大な大宇宙・大自然こそ神が造られた大芸術作品である」と唱える出口聖師は自然の産出原理と芸術の創造原理の一致を説き、「芸術は宗教の母なり」と独特の芸術観を展開。わずか1年余で耀盌3000点以上の作品を手掛け、大宇宙・大自然の姿を茶盌の中に表現した。

出口聖師の作品は、美術評論家・加藤義一郎氏によって評価され、1941年に「耀盌顕現」と銘打ち日本美術工芸誌で発表された。全国で耀盌鑑賞会が開催され、東京国立博物館・応挙館でも鑑賞会が行われた。今回の耀盌展は、耀盌顕現70年周年を記念し、かつて鑑賞会が行われた応挙館を会場とした。

耀盌展には、「天国廿八」など20点のほか、聖師の墨筆「十二連幅」のうち「光」と「明」を展示。また、出口紅5代教主の作品10点も並べられた。成尾陽愛善宣教部長は「天国廿八は、亡くなった夫・父の行く末を案じていた母子が、亡父のいる天国の姿を思い描いて安心し涙したという逸話もある。信者ではなく、一般の方だったのが驚きだった」と話し、「新緑や紅葉など大自然の風景を見た時に、茶盌の中に描かれた世界が思い浮かぶ」と聖師作品の魅力を語った。

耀盌展に併せて特別講演も行われた。髙木日出喜大本楽天社事務局主幹が「芸術は宗教の母」と題して4日に講演したほか、備前焼陶芸作家の金重有邦氏や、日本大学芸術学部客員教授の金子啓明興福寺国宝館館長が5、6日に出口聖師作品の魅力を語った。そのほか、能楽や八雲琴の演奏会も行われた。

大本山建仁寺 マルベリーフォーラムを開催

大本山建仁寺

 

栄西禅師が伝えた桑の効能

マルベリーフォーラムを開催

 

大本山建仁寺で29日、京都マルベリー協会主催の「桑の文化を京都から―『桑』マルベリー記念フォーラム」を開催し、約300人が参加した。

開祖の栄西禅師がお茶と共に桑の効能を日本に伝えたことから同フォーラムを建仁寺で開催し、今年で15回目を迎える。

川本博明宗務総長は開会の挨拶で「15回、一度も雨が降ったことがない」と述べ、栄西禅師と桑との深い関わりから同フォーラムが開催されていることに感謝した。(写真)

記念講演は、渡邉隆夫西陣織工業組合理事長や浅野俊道法観寺副住職、原三郎京都工芸繊維大学名誉教授が講師を務めた。浅野副住職は「栄西禅師と桑」のテーマで法話。喫茶の効能や製法を述べた栄西禅師の著作『喫茶養生記』の下巻は、桑について記述されていることを紹介。五病に対する桑の効能や調理方法、お釈迦さまと桑との関係について述べ、「桑は漢方のようなもの。体になじむのに時間がかかるため、長期にわたって続けていただければと思う」と話した。

森井源三郎京都マルベリー協会理事長は15回の記念を新たなスタートラインだと話し、「桑は15年、20年と続けることが大切。今後は桑の入った青汁の製作にも本格的に取り組んでいきたい」と述べた。

総本山身延山久遠寺 信仰運動「共栄運動」とは

総本山身延山久遠寺

 

信仰運動「共栄運動」とは

世界、国内と共生共栄へ

 

総本山身延山久遠寺は、今年から「共栄運動」を始める。発足式が9月16日に行われ、宗内外の来賓や宗内僧侶・檀信徒ら700名が集った。

「共栄運動」は「共に生き 共に栄える」をスローガンとし、内野日総法主を先頭に「立正安国」「世界平和」の具現化を目指す。最終目標は「祖山全域が、お題目と法華経の聖地として全世界に認知される」こと。基本計画は、2021年の日蓮聖人御降誕800年を短期目標に、中期は23年の身延山開闢750年、長期は31年の宗祖750遠忌に向けて推進。計画は2年ごとに達成度を点検評価する。

発願者でもある持田日勇総務は式辞で、運動を始めた理由について「世界のグローバル化がますます進み、考え方や価値観、背景が多様化している。自国優先や人種的優越性を振りかざす人々が増えていることを、なおざりにしてはいけない。日本も多文化共生は逃れようがなく、一切の我執を離れて多様性を尊重し、自他共和の柔和忍辱心をもって事に処していくとするのが『共生共栄』の精神」と述べた。(写真)

また、浜島典彦共栄部長は「祖山身延山を取り巻く状況も、誠に厳しい。人口の減少は檀信徒の減少に直結し、過疎化の進行は地方寺院の存立を揺るがし、宗門の足腰を弱体化させている」と、運動開始の背景に宗教界全体の課題が含まれることを示唆。「日蓮宗僧侶の減少、地方寺院の疲弊、次世代への信仰継続の断絶は、日蓮宗、引いては身延山久遠寺にとって大きな問題となりつつあり、この状況を打破していきたい」と語った。

「共栄運動」は、各宗各教団との連携も視野に進められる。

真宗大谷派 富山からハンセン病問題を考える

真宗大谷派

 

富山からハンセン病問題を考える

回復者家族の声にも耳を傾け

 

真宗大谷派は9月13、14日、第11回ハンセン病問題全国交流集会を富山県総合福祉会館で開催し、約370人が集まった。ハンセン病家族訴訟に対し、熊本地裁が6月に原告勝訴判決を出し、国が控訴断念を発表し、総理が原告に直接謝罪するという大きな動きの中での開催となった。

富山にはハンセン病療養所はないが、イタイイタイ病の公害被害があった。今回はハンセン病問題に加えて、「病そのものとは別の苦しみ」のサブテーマを掲げ、回復者やその家族の声に耳を傾けた。

黒坂愛衣氏(東北学院大学准教授)による基調講演の他に、両日ともショートレクチャー「声に聴く」の時間を設け、ハンセン病家族訴訟原告や、イタイイタイ病被害者家族など6人の声を届けた。富山県からは祖母が病を発症し、24時間痛みを伴う生活を間近で見続けた被害者家族も来場。「祖母は意識が薄れていく中でも『痛い』と大きな声を上げて亡くなっていった。痛みから解放されたのが死という、あまりにもはかない祖母の生涯でした」と振り返り、「このような惨禍を二度と繰り返さないで」と話した。

大谷派では1996年の「らい予防法」の廃止とともに、「ハンセン病に関わる謝罪声明」を発表しており、最終日には「二度と同じ過ちを繰り返さないための私から始まる歩みを進めていく」と富山宣言を採択した。

同派解放運動推進本部の山内小夜子本部委員は「イタイイタイ病を発症した9割以上が女性だったこともあり、原因がわかるまでは偏見の目で見られた歴史や、差別の苦しみもあった。ハンセン病患者の家族の話と、イタイイタイ病被害者家族の話とが重なり、強く印象に残る大会となった」と話している。

集会に参加した宗議会同朋社会推進委員会の勅使忍委員長(愛知県・法善寺)は「開催までの約1年かけて、富山・高岡教区の方々が研修や講座を地元で開催し、ハンセン病の学びとともに、地元のイタイイタイ病について改めて真摯に学ばれた姿勢に敬意を表したい。年々、回復者の参加が減っている状況を見ると、もっと早くからこのような集会を行っていればという後悔の念も抱いた」と話し、同委員会の金子光洋委員(新潟県・最賢寺)は「当事者だけでなく、家族が受けてきた差別や、家族自身が親族である患者を差別してきたことへの傷みを聞かせていただき、切実な問題として考えさせられる機会になった」と感想を話す。

大谷派宗議会の新羅興正議長(山形県・緑陰寺)も「ハンセン病の学びを富山で開催することにより、地元のイタイイタイ病や被害の歴史を、もう一度浮かび上がらせた。このような取り組みは、大谷派だからこそできる取り組みだと思うと同時に、改めて差別という人の尊厳を奪った歴史について学び続けなければならないとの思いを深くした」と語っている。

浄土真宗本願寺派 「ビハーラ僧」2期生5人が研修開始

浄土真宗本願寺派

 

医療や介護の現場で活躍を

「ビハーラ僧」2期生5人が研修開始

 

浄土真宗本願寺派が医療や介護の現場で寄り添う「ビハーラ僧」を養成する研修会が7日、伝道院で始まった。宗派布教使や龍谷大学大学院実践真宗学研究科の学生ら、男女5人の〝2期生〟が開講式に臨んだ。

同研修会は2017年に開始し、2年ごとに開講。伝道院などで行う座学中心の前期研修と、京都府城陽市のビハーラ総合施設などの実習が中心となる後期研修を約半年間行う。実際に現場で働く僧侶を全国に送り出すことが目的で、男女6人の1期生僧侶は、病院や介護施設等の現場で活動している。

初日は、開講式で竹中了哲副総務が「1987年に宗派のビハーラ 活動が始まって30年以上が経過した。僧侶が病院や施設に職員として携わり、医師や看護師、介護士と協働することは重要。宗門としても活躍を期待している」と激励。講義は打本弘祐龍谷大学准教授と、鍋島直樹龍谷大学教授が担当した。鍋島教授は「ビハーラ僧の役割とは何か?」と受講生に問いを投げ掛け、「必要な時に、そばまで来てくれる〝くず籠〟に徹し、相手の思いを受け止めることが大切」と説いた。

翌日は城陽市のあそかビハーラ病院で学んだ。同病院に常駐する1期生2人の案内で施設内を見学後、ソーシャルワーカーや栄養士ら、病院で働く職員の思いを聞き、医師や看護師らとのカンファレンスにも参加した。

宗派のビハーラ活動に携わり、龍谷大学大学院で臨床宗教師研修も担当する鍋島教授は「ビハーラ僧は伝道を念頭に置く。宗派関連の仏壇がある施設などでは、ぬくもりのある法話を届けねばならないが、病室では聞くことが中心となる。仏さまをいただいて続けることで、〝本物〟になっていくはず」と受講生にエールを送る。

全体を通した講師役となる花岡尚樹あそかビハーラ病院ビハーラ室長は「スタッフといかにチームを組むかが第一。あとは自分自身の宗教性や死生観と向き合うこと」と、研修を通じて伝えたいことを語った。

受講生の岡至さん(大阪教区善照寺)は、龍谷大学大学院実践真宗学研究科の3年生で、昨年の臨床宗教師研修を修了。「まだまだ現場で活動することへの不安が拭えない」と、研修会の受講を決めた。岡さんは「浄土真宗との結びつきが強い研修で、より学びを深めたい」と抱負を述べていた。

津観音大宝院 真盛上人の石碑を建立

津観音大宝院

 

真盛上人の石碑を建立

ゆかりの霊場に参拝の場

 

日本三観音の一つである津観音大宝院(真言宗醍醐派)の境内に、天台真盛宗の宗祖である真盛上人の霊場であることを記す石碑が建立され、除幕式が2日に営まれた。

奈良時代からの寺歴を有する同院の不動院に、真盛上人が1490年に滞留し、観音堂のさい銭箱の上にむしろを敷き、人々に念仏を勧めたとの記録が残っている。その後、西来寺をはじめ、天台真盛宗寺院が同地に点在して建立された。今も、宗派を超えて参拝する人は後を絶たない。

津観音には戦前まで真盛上人御木像があったが、太平洋戦争の戦火により消失。2012年に宗派を超えた集まりである「宗祖真盛上人鑽仰会」が立ち上がり、21年に総本山西教寺で営まれる不断念仏十九萬日大法会(聖徳太子、伝教大師の御遠忌を併修)に向けて、石碑の建立計画を進めてきた。

観音堂の正面に建立された石碑は、高さ150㎝ほどで、真盛上人二十五霊場の第15番札所であることを明示。寄進者の芳名と共に写経を納め、全国からの団参や、地域の参拝の際に拝む場となる。河合宣彰会長は「十八萬日の折には、比叡山にある青龍寺に御木像を奉納している。十九萬日には少し早いが、全国からの協力で参拝の折に手を合わせてもらえるよう建立することができた」と喜んでいる。

奉納の話を快く承諾した岩鶴密雄院家は、「戦災で焼けて不動院はないが、境内の中心にある観音堂前が石碑建立にふさわしいと考えた。これを機縁に、より多くの方にお参りいただきたい」と話していた。

真宗佛光寺派 冥加金に関する条例案を否決

真宗佛光寺派

 

冥加金に関する条例案を否決

門徒向け本尊等値上げなど問題視

 

真宗佛光寺派は3、4日、第196定期宗会(能美正洋議長)を招集し、決算審議と共に上程された冥加金の条例変更案を反対多数で否決した。消費税増税に伴い、門信徒に下附する本尊や脇掛の金額を変更し、現在の条例には規程がない門主染筆の冥加金を定める条例案だったが、内局の手法などを議員側が問題視。財政健全化を目指す中で、佐々木内局には予期せぬ〝足踏み〟になった。

佛光寺派の本尊等の冥加金は、消費税5%時点の金額で据え置かれていた。新たな条例案では、寺院用は同様に据え置き、門信徒用の本尊や脇掛のみを10%の消費税に対応する金額へ変更しようとした。

通告質問では、河合正樹議員(新潟)が「新潟ではご本尊を〝お宝さま〟と呼ぶ。聞法活動の中心となる御本尊の値上げには合点がいかない」と門信徒教化の現場における本尊の重要性を主張。「門主の染筆に関する変更」と「門信徒用本尊・脇掛等に関する変更」の条例案を分割することを提言し、「ご本尊の冥加金は継続審議にしてほしい。十分な議論が必要」と訴えた。

委員会審査では、内局が提出した資料の内容などを理由に、総務常任委員会(古谷清麿委員長)が反対多数で否決した。委員長報告への質疑では、吉岡一穂議員(九州)が金額算出の経緯や算出方法を問い、資料の整合性を疑問視した。同資料は、消費税5%で据え置いた現在の冥加金を基に税率8%で計算。税金分を差し引いた後に、税率10%で算出するなどしていた。

賛成・反対討論は上程議案に対して実施した。反対討論には河合議員が登壇し、門主の染筆と門信徒の本尊、脇掛などの冥加金を一つの議案として提唱したことに改めて疑問を提示。「議案の全てではなく、門信徒向け本尊などの冥加金変更については反対。資料内容にも再考の余地がある」と意見した。賛成討論に立った藤谷信道議員(中国)は、「資料に問題がなければ委員会でも否決されなかった。ご門主さまの御染筆の件もある。賛成してはどうか」と述べ、賛成7人、反対13人で否決された。

議案の再上程などは現段階では未定。佐々木亮一宗務総長は、「次回の定期宗会で上程するかどうか、今後の状況を見ながら考えたい」と話していた。

また、今議会では、コンピューターシステムの入れ替えなどによる決算書類の整合性についても指摘があり、委員会審査が大幅に遅れるなどした。2018年度決算は、予算額約5億2300万円に対し、歳入が約6億5800万円、歳出が約5億8100万円となった。佛光寺本廟の改修工事の回付受金の計上などで増額した。

天台宗 厳かに法華大会広学竪義

天台宗

 

厳かに法華大会広学竪義

中日法要で「三方の出合い」

 

天台宗随一の古儀法会で、4年に一度厳修される天台僧侶の最終試験でもある「法華大会広学竪義」が6日まで比叡山延暦寺大講堂で営まれた。中日の4日には、天皇使を迎えて行う「大行道」や「三方の出合い」、「稚児番論義」などがあり、厳かな儀式を多くの参拝者が見守った。

「大行道」は法華十講の論義の前に行った。杜多道雄宗務総長をはじめ、宗派内局や宗務所長ら僧侶約50人が、七条袈裟をまとって「薪の句」などを唱えながら大講堂の周囲を行道。論義では已講の堀澤祖門三千院門跡門主が講師を勤めた。

「三方の出合い」は、新探題の藤光賢曼殊院門跡門主と、次期探題の堀澤已講、天皇使を務めた旧堂上華族の大宮司季氏が、殿上輿に乗って三方から同時に前庭に到着。藤探題と堀澤已講がそろって入堂した。

「稚児番論義」は全国の寺院から集まった7~12歳の小学生8人が、「三方の出合い」で入堂した天皇使に、昔ながらの問答形式で天台宗の教えや比叡山の歴史を披露した。

今年の「広学竪義」の竪者は181人。探題の精義(おしらべ)に合格した僧侶は、「縹帽子」の着用が認められる。

臨床仏教公開講座始まる 令和の仏教を切り開く

臨床仏教公開講座始まる

令和の仏教を切り開く

 

花園大学国際禅学研究所とアジア南太平洋友好協会が主催する臨床仏教公開講座(臨床仏教師養成関西第2期プログラム)が1日から始まった。

河野太通アジア南太平洋友好協会会長は開会の挨拶で、「戦争の時代ではない21世紀は心豊かな時代となるべきだが、果たして我々は心豊かな時代をつくりつつあるのか。まさに真反対」と述べ、今後は多くの心病む人々に対応できる新たな仏教を切り開いていくことが我々の務めと説明。仏教の伝統的な指標と併せ、今日の科学的な成果を勉強していくことが重要だと語った。(写真)

第1回目は丹治光浩花園大学学長が、「子どもたちとカウンセリング―第三者介入と支援のあり方」について講義した。丹治学長は子ども社会の変化は大人社会の変化を映しているとし、情報の多い社会で子どもたちがどのように悩んでいるのかを説明。子どもの問題行動には意味があり、行動の背景を理解するきっかけになると話した。

神仁臨床仏教研究所上席研究員は釈尊の仏教を生老病死の苦しみに寄り添い、ケアをする仏教だったと述べ、「臨床仏教は新しく古い、原点に戻る活動。ゆりかごから墓場までを、日本の仏教は実現していく必要がある」と述べた。

愛知県から講座に訪れた塚本雄高東祥寺住職は「臨床について特別な関心があったわけではないが、檀家さんの困りごとに適切な言葉がかけられたらいいと思った。臨床仏教師はある意味大それたことだが、少しでも自分の身になるとありがたい」と語った。

洛陽三十三所観音霊場 再興15周年開白法要を営む

洛陽三十三所観音霊場

 

再興15周年開白法要を営む

国宝指定記念の三十三間堂で

 

京都市内の33寺院からなる洛陽三十三観音霊場は2005年の復興から15周年を迎え、開白報恩巡礼法要を3日、後白河法皇ゆかりの三十三間堂で営んだ。

広範囲に札所があって参拝が困難だった平安期に、西国三十三所の代わりとして後白河法皇が定めたとされ、霊元天皇の勅令で中興されるも明治維新時の廃仏毀釈で中断していたものを15年前に再興。近年の御朱印ブームや健康志向の高まりから歩いて巡礼する人も多く、公認先達は1000人を超えている。

開白法要は、三十三間堂千体観音像国宝指定1周年慶讃記念法要と併修し、杉谷義純妙法院門跡門主を導師に、札所寺院、先達ら約100人が参列して営まれた。