ニュース」カテゴリーアーカイブ

浄土宗総合研究所 “僧侶の聖性”いかに保つか

浄土宗総合研究所

 

“僧侶の聖性”いかに保つか

信仰と規制の両面で

 

浄土宗総合研究所は第39回シンポジウムを京都宗務庁講堂で12日に開き、聖性を保った僧侶のあり方について話し合った。(写真)

テーマは「あるべき僧侶の姿を目指して」。総合研究所がまとめた『浄土宗僧侶生活訓』の試案を初めて公開し、僧侶の日常生活を改めて考えた。

パネラーの松岡玄龍布教委員会委員長は、檀家制度が僧侶の怠慢を招いたことや、肉食妻帯が可能になったことで僧侶が職業としての性質を帯びたことなどを挙げ、布教伝道が主体となっていないことが僧侶に対する信頼低下につながっていると語った。

井野周隆総合研究所研究員は「他者に寄り添うことが僧侶の信頼回復への第1歩」とし、上野忠昭南海教区教化団長は「円頓戒を自行化他の側面から実践する心構えが必要であり、修行と布施が僧侶のアイデンティティーとなることで信頼を得る」と話した。

一方、今岡達雄総合研究所副所長は、浄土宗僧侶の0.7%が信頼を低下させる行動を起こしていることを示し、「浄土宗というサンガと社会との接点の部分で問題が起こるのなら、その点を何とかしなければならない」と規制の必要性を指摘した。

公表された『生活訓』の試案は、僧侶として取り組むべきことや慎むべきことなど、現代僧侶のための12ヵ条からなる。併せて各項目について、社会の人々の視点を意識して解説している。シンポに参加した齊藤隆信佛教大学教授は「発表された『生活訓』の解説は、利他の部分ばかりが示されている。伝宗伝戒で円頓戒を受けていることを忘れてはならない。戒の中に示される菩薩行の一環として行うのだから、社会貢献活動は自行。信仰と社会貢献活動の関係性を示さなければならない」と話していた。

浄土宗では、問題行動を起こす僧侶の存在が、全体に対する社会的評価を下げ、布教伝道の妨げになっていることに危機感を抱いている。2013年に対応を模索するプロジェクトを総合研究所に立ち上げ、今回のシンポに至った。議論の中では、〝僧侶の聖性〟を保つためには信仰に裏付けされた社会貢献活動などを促す方向性と、社会問題となる行動を実質的に制限する方向性があることが明らかになった。

パネルディスカッションのコーディネーターを務めた齊藤舜健総合研究所主任研究員は「『生活訓』をまとめようとすると、どうしても信仰に基づいた精神論が主体になる。一方で、一部の僧侶による問題行動が全体の信頼低下を招くのであれば、その部分を抑制することが必要になる。今回のシンポで、それが明確になった」と話していた。

真言宗醍醐派 総本山で「百螺祈願」

真言宗醍醐派

 

総本山で「百螺祈願」

醐山青年会が50周年を記念し

 

真言宗醍醐派の青年僧で結成する「醐山青年連合会」(蔵本崇正理事長)は13日、創立50周年を記念した「百螺祈願」を総本山醍醐寺で執り行った。

同連合会は2016年の熊本地震において、約400年前に加藤清正公が熊本城を築城する際に全国の山伏を招き、「百螺」による地鎮祈祷の法要を営んだ史実に倣い、「百螺祈願」を行って傷ついた熊本の地を鎮め、熊本市民と復興に向けて祈りを共にした。

今回は北川亮成同連合会創立50周年記念事業実行委員長を中心に企画を立ち上げ、総本山に青年会員と助勢する講社など合わせて110人が出仕。仲田順和座主を導師に金堂で仁王会法要を営んだ。続いて、百丁の法螺貝の音を轟かせながら不動堂へ向かい、(写真)護摩道場で柴燈護摩を行った。護摩の修行中も全山に法螺貝の音がとどろき渡った。

同連合会は1969年12月に17人の青年僧が集まって結成された。以来、開山聖法理源大師の祈りと、教えの真髄である「実修実証」に精進を重ねてきた。

醍醐寺に集った青年僧の赤誠はまず大峯山へと向かい、その実証をもって醍醐寺少年少女の集いの開催に結実した。発足時を知る仲田座主は、長年にわたって子どもたちの健全育成のために大きな貢献をなした実績と実動は現在、総本山職員が引き継いでいると報告。「その後も各地で青年僧の活躍を頼もしく思い、また熊本地震では熊本城創建時の清正公の故事を現代に蘇らせたことはありがたい」と参列した青年僧に謝意を表した。

真言宗各山会 密教学芸賞・密教教化賞の授賞式

真言宗各山会

 

密教学芸賞・密教教化賞の授賞式

金剛峯寺で田代長者から親授

 

真言宗各派総大本山会(芙蓉良英代表総務)は13日、各山山主や常任委員ら臨席のもと「第57回密教学芸賞 第51回密教教化賞」の授賞式を総本山金剛峯寺で開催した。

真言宗長者の田代弘興長谷寺化主が賞状と記念品を贈呈し、「お大師さまの膝元高野山で、令和初の記念すべき年に長年の活動により密教学芸賞、密教教化賞を受賞した皆さまにお祝い申し上げる。各分野でそれぞれの研究や教化活動を、ますます発展させていただきたい」と祝辞を述べた。

葛西光義金剛峯寺座主は「弘法大師は恵果和尚から、真言密教の教えを広めることを最大の使命とすべしと諭された。それを示されたのが、密教学芸賞、密教教化賞を受賞した皆さま。この後も後進の指導をお願いする」と祝辞を述べた。

各山会常任委員の松村隆誉総本山西大寺執事長、布教連盟常任理事の高麗行真総本山智積院教学部長がそれぞれ祝辞した。

学芸賞受賞者を代表して榊義孝普門院住職は、「さまざまな賞があるが、この密教学芸賞は特別に権威のあるもの。受賞することができたのは、いろんな先生の論文や大正大学、密教学会等々の皆さま方と共に積み上げることができたおかげ。これからは若い方々に私が受けた教えを伝えていきたい」と謝辞を述べた。

密教教化賞受賞者を代表して中島宥榮王徳寺住職は、「大師の言葉を体し、50年ささやかに努めてきた。この後も温かく厳しいお言葉を頂戴しながら、さらなる努力を続ける」と語った。

「密教学芸賞」

榊氏(茨城県取手市・真言宗豊山派普門院)は、真言教学振興として営まれてきた「論議」の研究で抜きんでる。豊山派総合研究院の宗学研究所所長や、大正大学副学長を務めた。

山陰加春夫高野山大学名誉教授は、高野山大学図書館長、高野山霊宝館副館長を務め、御影堂文書の解読と整理を推進した。

「密教教化賞」

中島氏(長野県松本市・真言宗智山派王徳寺)。密厳流遍照講専門委員として詠歌和讃の制定や新曲制作等に携わり、指導師範の最高位・流匠に就任している。

川俣海淳氏(奈良県高市市・真言宗豊山派岡寺)。豊山派集議、総本山長谷寺では寺務長、法務執事、財務執事を務めた。

吉原泰祐氏(福岡県福津市・高野山真言宗海心寺)。金剛流御詠歌最高位の詠監として国内外で巡回布教を行い、御詠歌を通じて檀信徒教化に尽力した。

村主康瑞氏(兵庫県宝塚市・真言宗中山寺派總持院)。大本山中山寺長老・真言宗中山寺派管長を務めた。学校法人綜藝種智院理事長、種智院大学学長。

大本山隨心院 ミス小野小町コンテストを開催

大本山隨心院

 

ミス小野小町コンテストを開催

亀谷門跡が令和初のミス小町へ表彰状

 

真言宗善通寺派大本山隨心院(京都市山科区)は10日、第14回「ミス小野小町コンテスト」を開催した。才色兼備の誉れ高い小野小町にゆかりが深い同寺は、「美心(びじん)~心からあふれる美しさ」を審査テーマとしている。

最終選考会は同寺で、一般公開により開催。参拝者は玄関前に張り出された事前審査通過者の写真と自己PR文を見て、現代の小野小町に最もふさわしいと思う人に投票する。

令和初のミス小野小町には石原夕里朱さん、準ミスに相場美晴さん、門跡賞は高倉雅さんが決定。亀谷英央門跡が表彰状と記念品を授与した。3人は今後、隨心院の諸行事に参加し、PRに協力する。

「岐路に立つ仏教寺院」のすべきこと 川又俊則鈴鹿大学教授に聞く(下)

「岐路に立つ仏教寺院」のすべきこと

川又俊則鈴鹿大学教授に聞く(下)

 

――複数の寺院を兼務することのデメリットも、宗教界では指摘されています。

川又教授 私は教団とは無関係な立場なので、簡単に考えるのかも知れませんが、30代、40代の青年僧侶と話していると、宗教的な自覚を持って寺院運営を目指す人ばかりです。そういう人たちによる宗派の青年会等の集まりに参加できていない人には、例えば兼職など、教化活動ができない事情があります。各地で超宗派合同による仏青活動が展開され、若い感覚で教化のノウハウを積み上げていますが、これを各宗派へ、各地域へ還元していくことで、新たな教化活動の可能性が開けると感じます。

私は坐禅会や梅花講など教化団体や教化のあり方に関する章を執筆しましたが、明らかに高収入寺院の方が教化活動を活発に展開しています。また墓地開発によって檀家数が増えたケースもあります。低収入寺院には“負のスパイラル”が見受けられます。

要するに、若い人が宗教的な自覚を持って宗教専従の道を進むためには、2ヵ寺を兼務するなどの収入面の手当てが必要です。

また、曹洞宗では1984年に坐禅会運動を始め、多くの寺院で坐禅会が開催されるようになりました。その後二十年も経つと、右肩下がりで開催寺院数は減りましたが、坐禅のニーズは禅宗の檀家以外にも確実にあります。一般寺院への直接支援はできなくても、包括宗教法人である宗門が、宗教心ある若者が兼務できるように寺院を誘導したり、坐禅会の盛り上げを図るなど、できることはあります。

――宗教に興味を持たない若者や、檀家の寺離れが増加しています。

川又教授 他宗派も同様でしょうが、曹洞宗でも道元禅師の教えを信奉しているとの自覚が強い檀家は希少です。宗教界は戦後の高度経済成長期とともに、葬儀・法事により収入が増加したと思われます。しかし、仮説に過ぎませんが、長い仏教の歴史の中で、葬儀・法事が主だったのは昭和の後期から平成の初めまでという見方もできます。

供養文化の先細りが懸念されますが、かつて寺院が所有する田畑を耕していた時代には、寺院は近隣の住民が寄り集まる場所でした。現代においても、青少年教化などを地道に続けている寺院には人が集っています。何らかの活動をしている住職の周りには世代にかかわらず啓発された人たちがいます。

私が勤務する鈴鹿大学には国際地域学部があり、韓国・中国・ベトナム・タイ・ネパールなど各地からの留学生で半数を占めています。日本では、いずれ外国人労働者が日本人の人数を超えるとの予測もありますが、それは確実に来る現実でしょう。その時に仏教者が「うちの宗祖は……」といっても、仏教国の人には通じません。多文化共生、多世代共生は一朝一夕にはできないことなので、この面からも今が岐路と言えるでしょう。

真宗教団連合 ごえんさんエキスポin築地本願寺

真宗教団連合

 

ごえんさんエキスポin築地本願寺

体験型ワークショップなどで賑わう

 

真宗教団連合が10日に築地本願寺で開催した「ごえんさんエキスポ」には約30のブースが出展し、6000人ほどが訪 れた。全国で新たな取り組みに挑戦している浄土真宗各派の若手僧侶をはじめ、DJライブや楽しい体験型ワークショップなど、僧侶と気軽に触れ合える場として注目を集めた。

消しゴムハンコづくりの「ハンコでブッダ」や、なぞ解きを体験する「Toy×ボーズ(といかけぼーず)」、「フリーペーパーののさま」が行ったプラバンづくりといった体験型ブースには家族連れも多く詰めかけ、花まつりサイダーや、「レトルトカレー寺」のカレー販売、さらに僧侶が設立した電力会社「TERA Energy」も出展。「大谷派青少幼年センター」はカルト相談窓口を設置するなど、多彩なブースが揃った。

浄土真宗本願寺派所務部の田中大眞氏は「今回の“ごえんさんエキスポ”は、2年前に『子ども・若者ご縁づくり推進室』 が京都の西本願寺で行ったものの、フォーマットを活用して真宗教団連合 で行うこととなった」と説明する。

コーディネーターとして、今回多くのブースの出展者に声掛けしたのは、雪山俊隆善巧寺住職(本願寺派)で、普段から「お寺座LIVE」などの音楽活動やアート企画を行っており、当日もDJブースを中心に会場を盛り上げていた。

大谷派青少幼年センターの本多恭氏は「残念ながらカルト相談窓口に来る方はいなかったが、センターの活動を知ってもらえる機会になったことはありがたい」と話す。

また同センターの谷俊氏は「立地の良い築地本願寺ということもあり、観光客や外国人が多く、エキスポ目当ての人は少なかった印象。最近の傾向として、一般の方には体験できる方が評判がいい。青少幼年センターもさまざまな教材を紹介するだけでなく、このような催しの場では、体験できるものを考えた方がいいのかなと思った」と語っている。

曹洞宗大乘寺 東山主が2回目の宗教会議に出席

曹洞宗大乘寺

 

東山主が2回目の宗教会議に出席

国賓としてアゼルバイジャンへ

 

曹洞宗大乘寺(金沢市)の東隆眞山主は14、15日、アゼルバイジャン共和国で開かれた「第2回宗教会議」に国賓として出席した。今回は参加総数300人の会議となり、2年前の前回に引き続きイルハム・アリエフ大統領の招請により、日本の仏教者として招かれたのは東山主ただ一人だった。

東山主は2002年に『日本の仏教とイスラーム』(春秋社)を刊行。仏教とイスラームとの関わりは、内外に大きな反響を呼んだ。

今回の会議で東山主は「イスラームと日本の真言宗の大日如来と真言」と題し、“真言宗の大日如来と真言と、イスラームのアッラーとクルアーンとの類似点”について論じた。

真言宗の中心の仏はサンスクリットでは、“マハーヴァイローチャナ タターガタ”、大遍照如来と漢訳し、日本では大日如来と呼んでいるが、一説には古代イランの光明神アフラ・マズダーと近い関係を持っているとされていることを紹介。

東山主は「かつて日本のキリスト教では、ゴッドすなわち神を大日如来と訳していた。真言宗の大日如来とキリスト教のゴッドや、イスラームのアッラーを同一視することはできないが、共通する点もあるのではないか」とも講演で語った。

「真言」とは、古代インドでは神々をたたえ、神々に祈る時の言葉だった。それが日本の真言宗に伝えられ、もろもろの仏や神に祈りを捧げる時に唱えられるようになり、真言は絶対的な救いの力を発揮するようになったという。伝えられた真言をそのままいただき、祈りを捧げるところに本来の意味がある。真言宗にとって真言は絶対的な聖なる存在と説明した。

東山主は「イスラームと仏教は言うに及ばず、世界の各宗教は世界的な視野と国際的な感覚を持って共に理解し合い、認め合い、助け合い、共に栄えて、世界の平和を 実現すべき。お互いに否定しあっていれば、やがては自滅せざるを得ない。問題は実行力で、論じているだけではいけない」と世界の宗教者に訴えた。(写真は、アリエフ大統領と握手する東山主)

ローマ法王 訪日前にメッセージ 

ローマ法王 訪日前にメッセージ

核兵器「倫理に反する」

 

ローマ法王フランシスコは23~26日の訪日を前に、ビデオメッセージを発表した。「人類の歴史において核兵器による破壊が二度と行われないよう、皆さんと共に祈ります」と述べ、「核兵器の使用は、倫理に反します」と断じた。

法王は、日本は戦争がもたらす苦しみを知っていると指摘した上で、「対話の文化と兄弟愛の文化がもつ重要性も、皆さんはご存じです」と強調。「とくに、異なる宗教との対話は、隔てを乗り越える助けとなります」と訴えた。

また、自身の訪日が、「皆さんが互いの尊重と出会いという道を歩む励みとなり、後退せずに持続する揺るぎない平和へと導くことを期待しています」と呼び掛けた。

法王は24日に被爆地の長崎と広島を訪問。長崎爆心地公園で「核兵器に関するメッセージ」を出し、広島平和記念公園で仏教教団など諸宗教の代表者20人を招いて「平和のための集い」を開く。25日には東京ドームでのミサのほか、東日本大震災の被災者との集い、天皇陛下との会見、安倍晋三首相との会談が予定されている。

龍谷大学 創立380周年でメッセージ発信

龍谷大学

 

創立380周年でメッセージ発信

世界宗教フォーラム「自省利他」考える

 

龍谷大学は16日、創立380周年の記念式典を深草学舎で行い、入澤崇学長が400年に向けたメッセージを発信した。式典前には380周年で掲げた「自省利他」を考える世界宗教フォーラムを開き、ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス氏らが講演。仏教、キリスト教、科学、企業の代表者4人が討議した。

記念式典では、音楽礼拝に続いて石上智康理事長が式辞を述べ、足利善彰浄土真宗本願寺派総務が大谷光淳門主の祝辞を代読。入澤学長が「龍谷大学からのメッセージ」を読み上げた。

メッセージは、2039年の創立400周年を見据えて検討中の「龍谷大学基本構想400」を踏まえた内容。自己を絶えず見つめて他者への思いやりを発動する「自省利他」の実践を掲げ、「まごころ(Magokoro)」を世界に向けて発信することを示した。入澤学長は「龍谷大学で学んだ学生が自分の手で未来への扉を開き、『まごころある市民』となって巣立って行く。社会に出た彼らが在学生に強い影響を与え、好循環で『光輝ある大学』が創り上げられると確信している」と力強く述べた。

「基本構想400」は今年度中の策定を目指す。「自省利他」を基調として、これまで10年ごとだった長期計画を20年間とするため、4年ごとの振り返りと見直しを行うという。

世界宗教フォーラムでは、仏教SDGsの推進を目指す「ユヌスソーシャルビジネスリサーチセンター」を龍谷大学と設立したユヌス氏が登壇。「ソーシャルビジネスと利他の行い」の講題で、社会の要請に応えたグラミン銀行の取り組みなどについて語った。(8面に要旨)ユヌス氏は同日、センターの開所式に臨んだ。

入澤学長は「ユヌス氏の提唱するソーシャルビジネスと『自省利他』の精神が一致すると考え、粘り強く交渉して講演が実現した。ユヌス氏を迎えてセンターの開所式も営めた。現在進める『仏教SDGs』の成果にもつながるはず」と話した。

また、フォーラムでは、森本公誠東大寺長老「聖武天皇の自省利他に学ぶ」、ハンスユーゲン・マルクス藤女子大学学長「隣人愛の掟―黄金律と互いの赦しにおける自省利他」、吉川弘之東京大学元総長「人間の思索の場としての科学研究―自省利他の心を持つ科学を目標として」、熊野英介アミタホールディングス社長「自省利他の精神における事業展開」の4講演後、入澤学長が加わり討議。モデレーターを務めた中谷英明380周年記念事業特別顧問が「自省利他」の原点がパーリ仏典であることを述べ、それぞれの立場で「自省利他」への考えを語った。

浄土宗臨宗 新宗務総長に川中光教氏

浄土宗臨宗

 

新宗務総長に川中光教氏

有効投票69票中46票を獲得

 

浄土宗は19日、第122次臨時宗議会を招集し、宗議会議員6期目の川中光教氏(奈良教区)を宗務総長に選出した。

宗議会議員の任期満了に伴い、新選良70人による初の議会で、新人議員が全体の4割を占めた。

任期満了を機に豊岡鐐尓宗務総長が退任の意向を示したため行われた宗務総長選挙には、川中氏と、加藤昌康氏(東京教区)が15人の推薦人を集めて立候補。選挙は、有効投票69票(無効1)のうち、川中氏が46票を獲得した。川中新宗務総長は豊岡前宗務総長の下で宗務役員を務めており、これまでの宗務行政を継承することが期待されたと見られる。

川中新宗務総長は、1950年生まれ。大正大学大学院浄土学修士課程修了。淑徳高等学校や上宮高等学校で6年間にわたり教鞭を執った。88年當麻寺奥院住職に就任。99年宗議会議員に初当選。旧宗務機構の財務局長や教学局長を務め、2019年4月の機構改革後は宗務役員に就任していた。

就任会見では「前宗務総長が進められた機構改革を完成したものに仕上げたい。また、開宗850年は通過点と考えている。竹に例えれば節であり、風雪にしなりながらもはね返す竹の節目が850年。それを総大本山と共に行いたい。法然上人の教えが末端まで伝わる組織であってほしい」と語った。また、兼務寺院に対する支援と手続きの簡素化を進めて寺院の減少を抑制する取り組みや、宗務庁における働き方改革の推進、共済事業の維持などに取り組むとした。

 

正副議長は村上氏と加用氏

 

正副議長選挙も行われた。議長には村上眞孝氏(伊勢教区)、副議長に加用雅愛氏(広島教区)が就任した。

議長選挙は、有効投票69票(無効1)のうち、村上氏が42票、鈴木氏が24票、その他3人が1票ずつだった。副議長選挙は、有効投票67票(無効3)のうち、加用氏が42票、吉水氏は23票、その他2人が1票ずつ。

村上議長は「議会の役割は、全宗内のコンセンサスを図ること。本当の議論がきちっとできる議会運営を行いたい。議員それぞれが、各地で培った英知を活かした議会でありたい」と話し、加用副議長は「議会は、意見発表の場であってはならない。質問の論点をはっきりさせることが大切であり、再質問は関連する内容となることが必要。ポイントを絞った議会としたい」と語った。