月別アーカイブ: 2020年10月

父の事故死、コロナ禍に重ね 浄土宗常楽寺・浦上住職

 「感染者だからと言って、誰にも見送られず火葬場に行くことがあってはならない。より丁寧な葬儀をしたい」。浄土宗常楽寺(兵庫県尼崎市)の浦上博隆住職(66)がそう語るのには、理由がある。15歳のとき、父を交通事故で亡くした。その体験を、新型コロナウイルス感染症で近親者を亡くした遺族に重ね、葬儀の大切さを説く。「現代人は、目に見えるものしか信用しない傾向にある。だからこそ、思いを説かなければならない」と語る。(大橋学修)

「感染者に丁寧な葬儀を」と話す浄土宗常楽寺の浦上博隆住職


お迎えを実感

 常楽寺は、1504(永正元)年に創建された。尼崎城築城の際に現在地に移されたが、太平洋戦争の空襲で全焼。焼け野原から廃材を集めて建てたバラックの寺院で、浦上氏は生まれ育った。「ボロボロの穴だらけで、雨が降ると屋根の波板がバラバラと音をたてた。阿弥陀さんの三方に金の紙を貼っただけの貧乏な寺だった」

 1966年に寺を再建した父は、その数年後に逝去した。バイクを運転中、出合い頭の事故に遭った。手術は行ったが、手の施しようのない状態だった。「なんでこんなことに」。浦上氏が中学3年の時だった。

 2日後に息を引き取る直前、父がいびきをかき始めた。折しも、窓から差し込んだ西日が体全体を覆い始めた。お迎えが来たと感じた。「阿弥陀さんにすがるしかない。楽に浄土へ旅立ってほしい」という悲痛な心が救われた。

 父の代わりに、関係寺院の住職だった故貴田徹善師が常楽寺を護持し、青年期を過ごした。スタジオミュージシャンを夢見ていたが、さまざまな人々の支えを胸に、僧侶になることを決めた。

 父から、読経の指導を受けたことはなかった。唯一の思い出は中学1年の時、お盆の棚経に連れていかれた記憶。口伝する陀羅尼=用語解説=を、母が聞き取って経本に書き留めてくれていた。後ろ姿を見て倣えという姿勢だった。

大病を患って

 伝宗伝戒道場=用語解説=を終えて住職になると、30歳ごろで「説教の天才」と呼ばれた故伊藤教導師に見込まれた。「布教師にならないか」。そう声を掛けられたが、父が再建した安普請の本堂と庫裏をもう一度建て直すなど、30代は法務に振り回される毎日だった。

 42歳になり、大病を患った。左耳からウイルスが入り、脳に達しかかって入院。顔の左半分がまひし、命が危ぶまれた。何とか一命をとりとめて退院し、本堂でお勤めをしていたとき、阿弥陀仏が両手を広げて近づいてくるのを感じた。涙が出た。「頂いた命だと思った。その命を生かすために、何かできないか」。布教師になることを決めた。

 総本山知恩院布教師会の試験を通過したのは、法然上人が開宗した年齢と同じ43歳のとき。以降は、布教師の道を突き進んだ。

念仏から安寧へ

 近年の社会を見て思うことがある。「寺院は檀信徒のものなのに、住職のものと捉えられるようになった。われわれがちゃんと説明しておくべきだった」。寺院へのイメージや、宗教に対する考え方が変わりゆく状況を「大河の流れのよう」と表現し、激しくはなくてもあらがえない力があると感じている。

 新型コロナウイルス感染症で亡くなった人の葬儀については、人一倍憂慮している。「遺族の心が救われるように、丁寧に行うことが大切。ましてや、亡くなった方を物のように扱うのはやりきれない。できることとできないことがあったとしても、せめて普通に営んでほしい」

 葬儀が簡素化されれば、信仰心が希薄になってしまう。父を送ったあのときの経験を持つ者として、伝えたい思いがある。

 例えば、「不殺生戒=用語解説=を破らなければ生きられない自分であっても、往生浄土を得る」ということ。日々の念仏の中から、こうした教えを感じ取ることが、社会の安寧や安心感につながるのだという。

 「この世に迎合することになるかもしれないが、世間の人々がファンになってくれるような僧侶でなくてはならない」。自らをそう戒める。大切なことを、伝え続けるために。
          ◇
【用語解説】
 陀羅尼(だらに=仏教全般)
 サンスクリット語の「ダーラニー」の音写。記憶する力、保持する力という意味から、呪文の意味として使われるようになった。

 伝宗伝戒道場(でんしゅうでんかいどうじょう=浄土宗)
 僧階を持つ僧侶になるための道場。「加行」「加行道場」とも言う。

 不殺生戒(ふせっしょうかい=仏教全般)
 生き物を故意に殺してはならないという戒。仏教徒が守るべき五戒の一つ。

(文化時報2020年5月13日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

「門付け」で月参り 昔ながらで3密避ける

 浄土宗浄福寺(京都市上京区)は、多くの寺院が新型コロナウイルスの感染拡大に配慮して月参りを中止する中、玄関前や庭先で読経する「門付け(かどづけ)」を開始した。菅原好規住職は「法然上人は屋外で布教活動を行っておられた。檀信徒に話すと『昔に戻ったのですね』と安心した顔をみせてくれた。月参りで思い悩む僧侶に知ってもらいたい」と話す。

玄関や庭で読経する「門付け」


 「門付け」は、陰陽師に源流を持つ声聞師(しょうもじ)が、各家の門前で読経や曲舞(くせまい)を行うことで金銭を得た慣習。釈尊の弟子たちは、街を巡る頭陀行(ずだぎょう)を行い、いわゆる鎌倉新仏教の多くの祖師は、辻説法で教えを説いていた歴史を持つ。

 浄福寺では、政府による緊急事態宣言の発令後、年忌法要や月参りの中止・延期を申し入れる檀信徒が増加。外出自粛要請の長期化を感じていた菅原住職は「信仰の基本となる月参りの習慣がなくなれば、身近に話をしながら教化する機会を失うと思い、悩んでいた」と話す。

 4月20日、檀信徒宅へ月参りに移動する道中に「庭や玄関で読経すれば密閉、密集、密接の3密を回避できる」と思いついた。1軒目は庭で、2軒目は玄関で読経。江戸時代以前の僧侶が、野外で布教活動をしていたことを思い浮かべながら称名=用語解説=した。檀信徒も「これなら安心」と喜んだという。

 年忌法要についても、堂外の広縁部分に椅子を並べて3密を回避することにし、全檀信徒に提案することを決めた。多くの人が集まる行事では、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信することも考えている。菅原住職は「遠方にお住まいで、お寺に参拝しにくい人にお説法を届ける機会になるのではないか」と話す。

 【用語解説】称名(しょうみょう=浄土宗、浄土真宗など)
 念仏をとなえること。浄土教における称名念仏は、「南無阿弥陀仏」の六字名号をとなえる行法のことを言う。

(文化時報2020年5月9日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

オンライン法要は万能か 住職の違った真意

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、法要や行事をインターネットで中継する寺院が増えている。テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を利用して法要の同時配信を始めた曹洞宗瑞岩寺(群馬県太田市、長谷川俊道住職)もその一つ。法事の新たな選択肢として複数のメディアが報じたが、長谷川住職の真意は〝ネット法要〟の普及ではなかったという。(安岡遥)
 

(写真と本文は関係ありません)


施主がスマホ撮影

 瑞岩寺の広い本堂には、長谷川住職と施主の姿のみ。粛々と読経する長谷川住職を、施主がスマートフォンで撮影し、「Zoom」を通じて配信する。自宅から見守る親族が、画面越しに手を合わせた。

 感染拡大の影響で、通常は月に10件ほどある法事の依頼が大幅に減少した。移動中の感染を懸念して遠方の親族を招くことができず、施主と2人だけの寂しい法事になることもあったという。

 長谷川住職は、普段から会員制交流サイト(SNS)で檀信徒と交流するなど、ネットに明るい。「遺族にとって法事は大切な節目。お寺に来られなくても参加できれば」との思いから「Zoom」の利用を提案し、これまで数件の法要をネット配信した。

 新型コロナウイルス感染症の有効な治療法の確立には1年以上を要するといわれる。長谷川住職は「お寺にとっても1~2年は厳しい状況が続く」と予測し、「宗派や政府の対応を待っていては遅い。さまざまなツールを駆使し、臨機応変に対応すべきだ」と話す。

「仏さまに失礼では」

 長谷川住職は、コロナ禍の終息後も、離郷檀信徒や入院中の高齢者を対象に「Zoom」の活用を検討している。「親族全員が地元で暮らしていた時代と違い、今は法事で集まるのも容易ではない。お寺に来られない事情のある檀信徒の選択肢になれば」。施主からの希望があれば、今後も同時配信を受け付ける見通しだ。

 だが、課題は多い。スマートフォンやパソコンに不慣れな高齢者にとっては、「Zoom」のハードルは高い。「大切な法要を撮影で済ませるなど、仏さまに失礼ではないか」と戸惑いの声もあるという。

 対面の法要でしか得られない経験もある。「遺族の悲しみは、体を動かすことで少しずつ癒やされていく」。供花や供物を買いに出掛け、お寺に足を運ぶという行為を促せば、法要もグリーフ(悲嘆)ケアになる。長谷川住職も「私自身、遺族とじかに顔を合わせることで、心が通じ合う」と語る。

「普及させたくない」

 ネット法要は選択肢を増やすが、実際に集まって行う法要の良さはなくなる。長谷川住職は「現状ではネット法要が最善だが、いつでも誰にでも通用する万能の策ではない。選択肢の一つではあっても、普及させたいという思いは一切ない」と断言する。

 その上で、コロナ禍の終息後には「法要を行う必要があるのか、そもそも宗教の存在意義は何なのか、ということが改めて問われる」と指摘。「諸行無常というお釈迦さまの教え通り、予想すらしなかった事態が今後も必ず起こる。宗教者に必要なのは、そのときにできる最善のことを選択する力だ」と強調した。

(文化時報2020年5月2日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

生きる喜び彫って伝える…「仏師僧」前田昌宏氏の波瀾万丈な半生

 紀伊水道を望む和歌山県日高町の浄土宗浄土院に所属する仏師僧、前田昌宏氏(47)が仏像を彫り始めたきっかけは、少年時代に起きた盗難事件だった。「仏づくりを通じて、仏の心を伝えていくことが、自分の持ち分」。僧侶であり、仏師でもある前田氏がこうした境地に至るまでには、師の失踪や貧困といった数々の試練を乗り越えねばならなかった。波瀾万丈の半生が、心を打つ仏像を生み出している。(大橋学修)

仏師僧の前田昌宏氏


執念の薬師如来像

 浄土院は、本堂や庫裏のほかにも地蔵堂、大師堂を備えている。少年時代の前田氏は祖父と共に毎朝、仏飯を手に諸堂を巡っては勤行を行っていた。

 中学2年生だった1988年のある日。大師堂に行くと、いつも手を合わせる薬師如来がいない。荘厳仏具が中央に寄せられ、仏像がない不自然さをごまかした痕跡があった。

盗難事件とみて駆け付けた警察官は「戻ってくることはないだろう」と言った。ならば、自分が薬師如来を彫り上げる。そう誓った。

 中学卒業後は、高野山真言宗が運営する高野山高校に進学。入学後初めての美術の授業で、美術の先生が「自分は仏師だ」と自己紹介した。前田氏は授業後、すぐ職員室へ乗り込み、仏像を彫りたいと伝えた。高野山内にある工房に来るよう言われた。

 これ以降、放課後に片道約30分かけて工房に通うことが日課となった。高校3年間、厳しい寮生活の合間を縫って、授業終了後から門限の午後5時までという限られた時間の全てを、仏像制作に費やした。

 最初は、先生が用意した松の木に、盗まれた薬師如来を彫った。1年半がたち、ようやく形を成してきたころに、今度はヒノキ材を与えられた。「これで、もう一度彫り直しなさい」。松の仏像は習作だった。

 それでも卒業までに、仏像本体のほか、台座や後背を何とか彫り上げた。「今から見れば、笑ってしまうような造作」と振り返る薬師如来像は、今も浄土院の大師堂にまつってある。

運転手をしながら

 高校卒業を目前にして、先生が姿を消した。「洞窟で観音さまを彫ってくる。君は、これからも良い仏像をつくるよう励みなさい」。そう言い残したまま、今も所在は知れない。

 「もし先生がそのままおられれば、高野山にとどまっていたかもしれない」

 佛教大学に進学し、仏師として活動するため、資金作りのアルバイトに励んだ。午前3時に起床し、京都市中央卸売市場から商品を配送するトラックの運転手として勤務。午前8時の業務終了後、大学に通った。

 卒業後も、地元での就職を勧める父の反対を振り切り、配送の仕事を続けながら、仏像制作の修行に励んだ。仏師になる夢を捨てきれなかった。
 
 27歳で結婚。共働きだったが、決して豊かな生活とは言えなかった。古くて狭いアパート生活。ふりかけをかけた白米だけで糊口をしのいだこともあった。昼間働きに出ていた妻とは擦れ違いの生活だったが、妻は不平を言わなかった。「絶対に成功させる」と前田氏の背中を押し、材料のヒノキを贈ってくれた。

 そんな折、佛教大学の同級生から「逝去した母に似せた観音像をつくりたいと父が言っている」と相談を受けた。台座を含めて高さ約4尺(約1・2㍍)の観音像の制作を始めたところ、やはり同級生で浄土宗総本山知恩院に奉職する九鬼昌司氏から、こう声を掛けられた。「今、どんな仏像を彫っているのか見せてくれないか」

妻が贈ったヒノキに彫った阿弥陀如来像


 おおむね完成した観音像を知恩院に運んだ。折しも、日本人僧侶らの支援でインド・ブッダガヤに建立した仏心寺を紹介する展示の最終日で、「仏心寺を支援する会」の理事が集まっていた。仏心寺に釈迦如来像を納めようとの計画があったことから、「ボランティアになるけど、彫ってみないか」と誘われた。

実演から教室へ

 時を同じくして、真言宗善通寺派の大本山隨心院(京都市山科区)に働き口が見つかった。法務の手伝いや朱印を書く仕事だったが、拝観受付に実演スペースを設けてもらい、仏心寺の釈迦如来像の制作に打ち込んだ。

 座高90センチの仏像を完成させるまでに1年を要したが、実演は拝観者と触れ合う機会になった。今でも交流が続くファンがいるという。

 仏師として認知されるにつれ、さまざまな依頼が入るようになった。浄土宗極楽寺の古本肇滋住職からは、仏像制作教室の講師になってほしいと頼まれた。常に手元に置いて、最後を迎える時に共に棺に納めてもらう持仏をつくるための教室だった。

 それ以来、全国各地を回り、仏像制作を教えるようになった。「無心に彫っている人の顔は、子どもの笑顔のよう」と語る前田さんは、半生を振り返ってこう感じているという。

 「人生にはつらいこともあるが、彫って仏をつくることを通じて、いろいろな方々に生きる喜びを伝えていければ」

(文化時報2020年4月29日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム