月別アーカイブ: 2020年11月

僧侶になったバーテンダー「誰もが救われる」

 「命尽きる前に思い出して、お念仏を唱えてくれれば、必ず往生できる」。浄土宗光明寺(兵庫県三木市)の住職、小泉慶典氏(53)は、そう言い切る。青年時代にバーテンダーやコピーライターを経験し、仏門へ。今では布教師として、自死遺族の支援にも取り組む。往生できるという確信はいつ、どのようなきっかけで生まれたのか。(大橋学修)

浄土宗光明寺の小泉慶典住職

レールに乗ることへの抵抗感

 父は先代の住職で、中学校の社会科教員と兼業していた。小泉氏は、少年の頃から聞き分けのいい子どもとして育ったが、進学先の同志社大学では2年を待たずして退学。「みんなが浮かれている状況になじむことができず、大学がつまらなく感じた」。時代はバブルの真っ盛りだった。

 東京で絵描きとして活動していた友人宅に転がり込み、実家には事後報告。「二度と戻らない」と伝えた。「生き方を決められ、レールに乗って粛々と過ごすことが嫌だった」。文章を扱う仕事を夢見たが、生活のために、レストランのウエーターやバーテンダーなどの職を転々とした。
 
 20歳を過ぎ、コピーライターの職を得た。スキルアップを目指して1年余りで転職したが、思うように仕事が進まず、プレッシャーに押しつぶされて退職。バーテンダーに戻った。

 バックコーラスや作曲活動を行う女性と結婚。神奈川県藤沢市に引っ越した。折しもフリーランスのコピーライターとして仕事をもらい、さまざまな広告のコピーを6年間、綿々とつづり続けた。

僧侶養成講座で圧倒

 僧侶となったきっかけは、結婚式。音信不通だった両親に出席を請うと、「僧侶の資格を取るなら、出席してもいい」と言われた。

 それだけの理由で、佛教大学の仏教通信課程で学び、29歳の時に僧侶資格を得た。すると、教えが気にかかるようになった。「まだ自分は何も分かっていない」。きちんと知った上で、身の振り方を考えようと思った。

 妻を藤沢市に残して、いったん実家の光明寺に戻った後、藤沢市に近い鎌倉市の大本山光明寺で、布教師養成講座が開催されることを知った。妻に会いに行くチャンスと思って気楽に参加してみると、後に大正大学の教授となった林田康順氏がノンストップで何時間も話し続ける講義内容に圧倒された。教えの素晴らしさと、伝えることの大切さに気付いた瞬間だった。

 「極楽浄土には、実際に阿弥陀さまがおられる。お念仏を唱えれば、そこに往生できる。この世で大切な方との別れがあっても、いずれはお浄土で肩をたたき合ったり、抱き合ったりできる」。小泉氏がそう断言する理由は、明解だ。「人間が説くのではなく、仏さまが説かれたのだから、間違いない」

 修了後は、総本山知恩院の布教師会に入会。さらに、休眠状態だった大本山金戒光明寺布教師会の活動再開にも関わった。

状況に応じるな

 金戒光明寺布教師会は、法然上人の教えをそのまま伝えることを最も重視している。時代とともにライフスタイルが変化しても、人間がたどる生老病死は変わらない。苦しみは、昔も今も同じ。だからこそ、当時の教えは現代にもそのまま通用するという。

 小泉氏は、僧侶の役割をパイプにたとえる。「太さや長さが違っていて、表面がどんな色をしていてもいいが、筒の中は奇麗でないと、教えに異物が入る」

 金戒光明寺布教師会のメンバーが中心となって取り組む「自死遺族のための法話の会」でも活動。自坊の檀信徒に話すときと、同じ内容を伝えている。「残された人は、亡くなった人と、お浄土で再会できる」と確信しているからだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、右往左往する僧侶を苦々しく思っている。「これまでは『仏さまに生かされている』『仏さまのおかげ』と言いながら、コロナ禍になって『この世は苦しみ』などと語り出した僧侶がいる。状況によってコロコロ変わる教えで、人が救われるのか」

 その上で、こう指摘する。

 「法然上人の教えで、誰もが必ず救われる。浄土宗の僧侶は、たとえ納得してもらえなくても、繰り返し説かなければならない。後から気付いてお念仏を唱えてくれれば、往生できるのだから」

(文化時報2020年6月3日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

Zoomで医療者ケア 宗教者が悩み聴く

 新型コロナウイルスへの対処で疲弊した医療従事者に安らぎの場を提供しようと、上智大学の研究者らが「感染症と闘う医療・介護従事者の話を聴く会」を立ち上げた。心理専門職や臨床宗教師=用語解説=がテレビ会議システム「Zoom(ズーム)」で相談を受け付け、傾聴を通じて悩みに寄り添う。コロナ禍で社会の分断が進む中、職種を超えた支え合いが期待されている。(安岡遥)

「Zoom」による傾聴のイメージ(感染症と闘う医療従事者の話を聴く会提供)

経験踏まえ、医師が始める

 世話人代表の井口真紀子氏は、上智大学大学院実践宗教学研究科で心のケアを学んでおり、在宅医療や家庭医療を手掛ける医師でもある。自身の経験や周囲の声から医療従事者の窮状を知り、「心の重荷を降ろす場を作りたい」との思いで会を設立した。

医療現場では感染防止のため、最小限の時間で診察が行われている。患者とは距離をとり、会話も最低限。面会の受け入れを停止した緩和ケア病棟で、一人きりで亡くなっていく患者を見送った医療従事者もいる。こうした接触の制限が、患者との心の交流まで制限してしまう。

 井口氏は「家庭医療や緩和ケアは、治療以外での触れ合いも大切にする分野。十分なケアが行えていないと感じ、葛藤する医療従事者が多い」と分析する。

 認定臨床宗教師として傾聴に当たる高野山真言宗の僧侶、井川裕覚氏は「答えの出ない問題と向き合っている医療従事者にとって、話すことを通じて自身をケアする時間は極めて重要」と話している。

臨床宗教師はチームの一員

 「なぜ、私が死ななければならないのか」「神も仏もない」―。患者の吐き出す苦しみは、ときに不条理だ。治療の専門家である医師や看護師が満足な答えを示すことは、難しい。臨床宗教師は、そのような叫びにひたすら耳を傾け、苦痛を分かち合う。

 向き合う相手は、患者だけではない。治療に当たる医師や看護師、患者の生活を支えるソーシャルワーカーなど、共に働く医療スタッフの悩みに寄り添うのも臨床宗教師の役割だ。

 コロナ禍の今、医療従事者の抱えるストレスは枚挙にいとまがない。感染の危険と隣り合わせの労働環境、家族や友人を感染させてしまうことへの不安。町へ出れば、心ない言葉や交通機関への乗車拒否など、いわれのない差別を受けることもある。

 龍谷大学大学院で臨床宗教師の研修を担当する鍋島直樹教授(実践真宗学)は、「感染症と闘う医療・介護従事者の話を聴く会」の活動について「医療者と宗教者の日頃の信頼関係のたまもの」と分析する。「医療従事者にとって、臨床宗教師はチームの一員。同じ職場で悩みを分かち合ってきたという信頼があるからこそ、他人に言えないような心の苦しみを打ち明けられる」と話す。

経験を語り継ぐ…傾聴から継承へ

 鍋島教授はさらに、傾聴において重要なのは「継承する姿勢」だと指摘する。
 神戸市出身の鍋島教授は、阪神・淡路大震災の被災者の話を傾聴する機会も多い。自身も被災者の一人として耳を傾けた経験が、防災意識を高めるきっかけになったという。

 医療従事者への傾聴についても同様だ。懸念されている感染拡大の第2波や、アフターコロナの社会の変化に対応するためにも、感染防止の最前線に立つ医療従事者の苦悩から学ぶべき点は多い。鍋島教授は「苦しみを分かち合うだけにとどまらず、教訓として語り継ぐ努力が必要」と語る。

 「聴く会」のサポーターの一人である上智大学の島薗進教授(宗教社会学)は、傾聴の基本は「体、行動、空間を相手と共有すること」と話す。身体的に接近することで「自分が相手のためにしている行動、相手が自分のためにしてくれている行動がはっきりと伝わり、共感や思いやりが生まれやすくなる」という。

 だが、コロナ禍の影響で、対面での傾聴活動は難航している。テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」などが導入されつつあるが、「体、行動、空間」の伴わない画面越しのやりとりでは、心の交流にも限界がある。

 一方、物理的な距離に関係なく、自由に人間関係が築けるという利点もある。例えば宗教界では、祈りの場に「Zoom」が活用され、世界中の人々が心を合わせたケースもあった。

 島薗教授は「阪神・淡路大震災以降、市民同士が協力し合う〝横の支援関係〟が非常に重視されている。今回の活動を通じ、強い支援の輪が築かれることを期待している」と語った。
         ◇
【用語解説】臨床宗教師(りんしょうしゅうきょうし=宗教全般)
 布教や勧誘を行わず傾聴を通じて相手の気持ちに寄り添う、心のケアの専門職。2011年の東日本大震災をきっかけに、東北大学で養成が始まった。近年は医療従事者との協働が進む。ほかにも、浄土真宗本願寺派のビハーラ僧、キリスト教系のチャプレンなど、主に緩和ケアの現場で終末期の患者に寄り添う宗教者が知られている。

(文化時報2020年6月3日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

教えは救い そのままで

 「自分の信念ではなく、教えをそのまま伝えるのが布教師の役割だ」。浄土宗法輪寺(兵庫県尼崎市)の北村隆彦住職(49)はそう語る。布教師は、特に研鑽を積んだ僧侶でないとなれないが、若かりし頃は僧侶になることさえ拒んでいたという。教えが救いになると確信し、自死遺族に法話を行うまでになった北村氏。どんな心境の変化があったのか。(大橋学修)

勇気のない進学

 住職の長男として生まれたときから、法輪寺の跡継として嘱望されていた。小学校の文集に書いたのは「将来は、お坊さんになる」。それが思春期になると、忌避するようになった。

 高校は、父の了承を得つつも地元から離れようと、浄土宗関連学校の上宮高校(大阪市天王寺区)を選んだ。しかし、3年の担任は法輪寺にゆかりがあり、現在は校長を務める山縣真平氏。強力な勧めに抗し切れず、佛教大学仏教学部仏教学科に進学した。

 「逃げたい割には、逆らい切れない。だからと言って、したいこともない。親のせい、人のせいにして不平を口にするが、飛び出す勇気もない。自分自身が嫌だった」。それなりに単位を取得し、伝宗伝戒道場=用語解説=に入った。

 道場のせんべい布団にくるまりながら「本気でやっている人はいいな」としみじみ感じた。道場長だった森田康友興善寺住職(奈良市)の指導が心に響き、僧侶の道へと心が向いた。

人は簡単に死ぬ

 世間を知らなければ教えを説けないと、大学卒業後はあえて一般企業に就職した。洋服に刺繍を施す会社の営業マン。バブル崩壊直後だったが、社内には華やかな雰囲気が残っており、会社のヨットでのクルージングが新入社員の歓迎会だった。

 先輩社員が、うまく帆を上げられず苦戦していた。ようやく風を捉え、くわえたばこでロープに体を預けた瞬間、船が揺れて海に転落した。帰らぬ人となった。

 「こんな簡単に人が死ぬのか」。帰宅した夜、怖くて泣いた。涙しながら一心に念仏を唱え、阿弥陀仏にすがる自分がいた。

 中途で退職し、浄土宗教師が自己研鑽する教師修練道場に入行。そこで出会った日下部謙旨氏ら指導者に触発され、布教師の道を歩み始めた。

 2015年には、所属する大本山くろ谷金戒光明寺の布教師会の有志で、東日本大震災で死別した人たちのための法話会をスタート。年5回のペースで営むようになった。

 仏教の教えが伝わりにくいと言われている現代社会。それでも北村氏は「救われたいと思う人がいるからこそ、浄土がどのような所かを真剣に説かなければならない」と強調する。

 「自分が癒やしてあげていると勘違いしてはならない」とも語る。大切な人を突然亡くすという痛みは、想像はできても、実際に感じることはできない。「むしろ、自分が学ぶことの方が断然多い」と語る。

 教えを自分なりに解釈することにも否定的だ。「自分なりに考えたものは、その人の信念であって、仏の教えではない。教えに向き合い、信仰をもって伝えることが、僧侶としてやるべきことだ」と話した。
        ◇
【用語解説】伝宗伝戒道場(でんしゅうでんかいどうじょう=浄土宗)
 僧階を持つ僧侶になるための道場。「加行」「加行道場」とも言う。

(文化時報2020年5月20日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

今や寺院は企業化 僧侶は自らを省みよ

 新型コロナウイルスの感染拡大や政府の緊急事態宣言などで揺れる社会を、戦時中と同じとみている有識者は少なくない。曹洞宗萩の寺東光院(大阪府豊中市)の村山廣甫住職(76)もその一人。先人たちが境内の萩を守り抜いた壮絶な歴史をひもとき、現代の仏教界にこう苦言を呈する。「寺院が企業化し、僧侶に気概がない」

萩を守って餓死

 東光院は735(天平7)年、行基菩薩がわが国最初の民衆火葬を執り行った際、死者の霊を慰めるために薬師如来像を造ったのが開創の由来。その際、淀川水系に群生していた萩の花を手折って霊前に供えたことから、萩は1200年以上にわたって同院で大切にされてきた。

 村山住職が50年前に26歳で赴任してきた際、信者から聞かされて驚いた話がある。食糧難だった戦時中、近隣住民から「イモ畑にしろ」と迫られても、僧侶たちは萩を守った。中には、気概を貫いて餓死した寺僧もいたという。

 「由緒ある萩の花を守らねばならないという使命感から、『死を賭してまで』という、やむにやまれぬ気持ちだったのだろう」

 東光院にとって、萩の植栽は単に植えて花を咲かせることではない。花の心を知った先人たちの願いや思いが、嫡々相承(てきてきそうじょう)=用語解説=されてきたのだと、村山住職は説明する。

 「萩を育て続けていると、『そこの草を取ってください』などと、花の声なき声が聞こえてくる。それはご先祖をおまつりして仏に出会うことと、何ら変わるところのない尊い仏の修行でもある」

納屋の一室で法要

 東光院は今春、恒例の「三十三観音まつり」の祭典を取りやめた。5月3~5日の期間中は内献=用語解説=で法要を営み、「新型コロナウイルス終息祈願の祈禱」を修行した。
 
 三十三観音まつりは、秋の「萩まつり道了祭」と同様、明治維新まで約250年間続いた川崎東照宮の「権現まつり」の流れをくむ。川崎東照宮は現在の大阪市北区にあった徳川家康をまつる神社で、境内には同宮付属の建国寺もあった。

 戊辰戦争で、長州藩は川崎東照宮に本営を置き、ちょうど家康の250回忌があった。長州藩士がわが物顔で境内を行き交う中、僧侶らは納屋の一室で懸命に法要を勤めたという。

 神道国教化を目指した明治新政府により、川崎東照宮と建国寺は廃絶されたが、東光院第8世・大雄義寧(だいゆう・ぎねい)大和尚が名跡を引き継ぎ、家康ゆかりの宝物を引き取った。現在の境内にある東照閣仏舎利殿・あごなし地蔵堂(豊中市有形文化財)は、旧川崎東照宮本地堂を移築した。

懸命の実践見せよ

 数々の法難に見舞われた東光院の歴史を見るにつけ、村山住職は、新型コロナウイルスに揺れる現代の宗教者に対し、違和感を持つようになった。「昔の僧侶は偉かった。今の僧侶も葬儀や法事だけでなく、人々の命を守るための教えを懸命に実践している姿を、背中で見せなければならない」と説く。

 東光院は今年の三十三観音まつりについて、祭典を取りやめてもポスターは例年通り制作した。そこには、伝統仏教も人々の健康と安全のために厄疫終息を祈り、がんばっていることを周知する意図があった。

 「今や寺院は企業化してそろばん勘定で行動し、人を集めることばかり考えている。新型コロナウイルスが蔓延する今こそ、僧侶は自らを省みなければならない」

 ただ、日本の仏教を取り巻く環境は、変革の時を迎えるのではないか、と感じている。「僧侶がそれを大いに自覚し、目覚めなければならない」。村山住職は力を込めた。
      ◇
【用語解説】
 嫡々相承(てきてきそうじょう=仏教全般)
 師から弟子へと仏法が正しく伝承されること。「師資相承」ともいう。

 内献(ないけん=仏教全般)
 檀信徒の参列や近隣寺院の出仕を頼まず、内々で簡略に法要を勤める形式。内勤め。

(文化時報2020年5月20日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム