月別アーカイブ: 2021年1月

「自他の縁、見つめ直せ」コロナ後の宗教界に提言

 国際宗教同志会(IRF、芳村正徳会長)は3日、東京工業大学の弓山達也教授(宗教学)を講師に招き、講演会「コロナ禍中/後の日本の宗教はどうなる」を金光教泉尾教会(大阪市大正区)で開催した。僧侶や神職ら17人が出席し、コロナ後の社会で宗教者が果たすべき役割について語り合った。

弓山達也教授

 【講演・質疑応答のポイント】
・過去の疫病で人々は宗教にすがった
・オンラインで宗教が身近になった
・宗教界独自の「新しい生活様式」が必要
・コロナ後の社会動向を察知せよ

 弓山教授は新興宗教ブームの1980年代に大学へ進学し、自身も複数の教団に傾倒した経験がある。人を引き付ける宗教の力に関心を持ち、大学院では宗教現象の研究に没頭。現在は、ボランティアや社会貢献など「宗教の社会的な力」について研究している。

 冒頭で弓山教授は、スペイン風邪が流行した大正期に大本や太霊道=用語解説=が台頭したことなどを例に、「疫病によって社会不安が広がると、人々は宗教にすがり、霊的な導きを求める傾向がある」と分析した。

 さらに、終戦直後の50年代に提唱された新生活運動=用語解説=を挙げ、「冠婚葬祭の縮小など、生活の簡略化・合理化を求める運動が、国難のたびに政府主導で行われてきた」と指摘。コロナ禍を受けた「新しい生活様式」の提唱も、これと同質の動きであると述べた。

 「人と人とが密接に関わり合うことは、宗教の本質でもある。それを排除する動きは、宗教界にとってひとごとではない」と強調。「お上の指示を受け入れるだけでなく、独自の『新しい生活様式』を発信していく必要がある」と提言した。

 弓山教授は東日本大震災による被災者のライフスタイルや価値観の変化に着目している。被災地で目にしたのは、独自の追悼行事や祭礼を生み出し、誰に言われるでもなく「菩薩のように」隣人を支える市民の姿だったという。

 コロナ後の社会にも同様に「市民主体の新しい生き方、物事の感じ方が生まれてくる」と予測し、「宗教者は、そうした社会の動きを敏感に察知すべきだ」と語った。具体的には、接触や移動の制約から「障害を抱えた人が日常的に味わう不自由さ」に目を向け、葬儀や法要の縮小から「人の生死」「死者への思慕」について考えるべきだと指摘。「自他を結ぶ縁の在り方を考え、発信することが、宗教者に求められる〝霊的な力〟ではないか」と締めくくった。

一人の人間として社会と向き合う

 講演に対し、宗教者からは率直な質問が寄せられた。高野山真言宗観音院(堺市南区)の大西龍心住職は、東大寺が呼び掛けた「正午の祈り」に参加。防犯を理由に閉じていた自坊の門を「祈り」の時間帯に合わせて開けるようにしたところ、目に見えて参拝者が増加したという。

講演会はソーシャルディスタンスを確保して行われた

 その経験から「不安なときこそ民衆は宗教を求める」との弓山教授の見解に共感を示しつつ、「宗教に対し、一般の方々は具体的に何を求めているのか」と問うた。

 弓山教授は「人々が宗教施設を訪れたい、宗教者の話を聞いてみたいという思いは常にある」と回答。一方で「拝観時間の制限によってお寺に来られない人や、僧侶に対して心理的なハードルの高さを感じる人も多い」と指摘した。

 そうしたハードルが、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」などのオンラインツールによって解消されつつあるという。ネット法要に多くの参拝者が集まった事例を挙げ「時間や距離に関係なく、宗教者と一対一で語り合えることは、一般人にとって大きな魅力」と語った。

 一方、生島神社(兵庫県尼崎市)の上村宜道宮司は、「オンラインの導入に抵抗を感じる宗教者も多い」と指摘した。自身の周りでも、オンライン祈禱を提案する声が聞かれたが、「祈りの場でのネットの利用はよくないことだという見解が、神社界の暗黙の了解となっている」と話す。その上で「参拝者の立場で、ネットを介した信仰をどう考えるか」と見解を問うた。

 弓山教授は「オンラインでできること、できないことについて、自分の考えを参拝者に説明するチャンスではないか」と回答。オンラインツールの普及により、宗教者が「一人の人間として一般人と向き合うことができるようになった」とし、「伝統にとらわれず自分の言葉で説明すれば、参拝者からも優れた理解が得られるはずだ」と話した。(安岡遥)

【用語解説】太霊道(たいれいどう)
田中守平(1884~1928)が創始した霊術教団。修行によって読心術などの霊能の開花を目指す。大正~昭和初期にかけて大流行したが、田中の死をきっかけに消滅した。
     ◇
【用語解説】新生活運動(しんせいかつうんどう)
第2次世界大戦後の生活水準の向上を目的に、鳩山一郎内閣が1955年に提唱した運動。冠婚葬祭の簡略化、封建的因習の排除などが主な内容。

(文化時報2020年6月13日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

動じないクマのような精神力 櫻井随峰氏

 西山浄土宗の櫻井随峰前宗務総長は混乱期に宗務行政を担い、昨年9月の退任まで「火中の栗を拾わされた」とささやかれた。公立中学校の教師を経て出家した異色の元宗門トップ。新型コロナウイルスの感染拡大に対しても「クマが冬眠するように過ごすしかない」と動じない。混乱期を生き抜く強靭な精神力は、どのように培われたのだろうか。(大橋学修)

西山浄土宗の櫻井随峰前宗務総長

平穏な宗門取り戻す

 宗派や本山の仕事とは、無縁の半生を歩んできた。

 宗政の世界に身を置いた直接のきっかけは、僧侶資格を得るための「加行道場」で指導者になったこと。上司に当たる監督の日下俊精氏が宗務総長に選出され、数年後に自身も教学部長として内局に引き入れられた。

 管長・法主の任期や本山墓地拡張計画を巡り、宗議会が荒れていた時代。日下氏が任期満了で宗務総長を退任すると、今度は櫻井氏にお鉢が回ってきた。課題は山積していた。

 2016年の就任当初は財政再建のため、支出抑制を断行。一方で、総本山光明寺(京都府長岡京市)の拝観事業を拡大させ、宗門に回付金として還流させる道筋を付けた。近年は度重なる災害からの復旧や防災対策にも取り組んだ。「平穏無事な状態を取り戻すことはできた」と振り返る。

 コロナ禍では、御忌大会などの重要な法要を想定外の形で行ったが、泰然自若としていた。「うまくいかないときは、じっと我慢しながら、クマが冬眠するように過ごすしかない。クマは、必要があるから冬眠するのであって、ピンチのときにもやるべきことはある」

校内暴力には仏教で

 新潟県魚沼市出身。父は労働基準監督署で勤務していた。少年時代は、国のために身命をなげうつことをいとわない偉人たちの伝記や小説を読みあさり、「国士」になることを夢見ていた。

 高校卒業後は就職を考えていたが、進学を勧められて思い直した。「新選組の本拠があった京都に行こう」。京都市中京区の花園大学に進学した。何が国士なのか分かっていなかったが、夢は持ち続けていた。

 当時の花園大学は、後に臨済宗妙心寺派の管長を務めた故山田無文老師の学長最後の年。周囲からは僧堂に入ることを勧められたが、僧侶になろうとは微塵も思わなかった。「老師は輝いていて、神に近い人だと感じた。自分にはとてもなれない」

 卒業後の1982年4月から、教員として大阪市大正区の中学校に赴任した。校内暴力が荒れ狂っていたころで、かわいがっていた生徒から角材で襲われたことも。連日の飲酒とストレスで肝機能障害を患った。

 精神的支柱を求め、仏教に希望を見いだした。教員研修旅行で、釈尊が初めて法を説いたインドのサールナートを訪れたことも、何かの縁だった。「救いでなく、悟りを求めていた。暴力に対抗できるのは、それしかないと思っていた」

出会い―妻・師匠・教え

 30歳になる直前、妻と出会った。西山浄土宗の僧侶で宗門随一の説教師と評された故橋本随暢師の三女。師は、4人いた娘の夫全員が出家するなど影響力のある僧侶だった。

 兄弟子が苦しみながらも救いを求める姿に、心を動かされた。嘉禄の法難=用語解説=に行う念仏行脚に参加し、法然上人と心が通じ合った気がした。結婚して1年たたないころの妻には、事後承諾で出家。総本山光明寺の随身=用語解説=となった。

 その後、薬善寺(和歌山市)の住職となったが、「釈尊はありがたくても、阿弥陀如来はわからない」と感じていた。常光寺(京都府長岡京市)の菅田祐凖氏の元に通い詰めて薫陶を受け、阿弥陀仏の存在に対する疑いがなくなった。救れていることに気付いた。ただ、社会を見渡すと、救われない人々ばかりだった。「自分は救われているのに、救われていない人が、ばかに見えたり、かわいそうに思えたりした」という。

救いは特別でない

 21年間に及んだ「加行道場」の指導者生活では、歴代法主の講釈を聞く機会に恵まれた。総本山光明寺第77世・故須佐晋龍法主の「要懴悔=用語解説=が一番ありがたい」という言葉が頭に残った。

 要懴悔の一節に「勝縁勝境悉現前(しょうえんしょうきょうしつげんぜん)」という言葉がある。優れた縁と素晴らしい境地が、ことごとく目の前に現れる、という意味だ。

 「同じ生活をしていても、満足する人もいれば、不満を持つ人もいる。どのような状況でも、念仏を唱えていれば『勝縁勝境悉現前』なのだ」。そう感じるようになって、自分だけが救われているという高慢な考えも変わった。49歳のときだ。

 「自分が救われることは特別なことだと思っていた。そうではなく、たまたま、その縁にあずかっていると知った」

 花園大学で山田老師の後に学長になった故大森曹玄師は、「もはや国士は誰一人としていない」と語ったという。

 国士になるという夢は、いつの間にか消えていた。今の自分を国士だとも思っていない。「この国に生まれて、ただ幸せを感じている。身を粉にして働く人々を見ると頭が下がる思いがするし、僧侶の姿はかすむ」。そう笑った。
             ◇
【用語解説】嘉禄の法難(かろくのほうなん=浄土宗など)
 1227(嘉禄3)年に法然上人門下が弾圧された事件。上人の祖廟を壊して遺骸を鴨川に流そうと画策され、門下の高弟が配流された。上人没後で最大の法難。

【用語解説】随身(ずいしん=仏教全般)
 本山などで作務に従事しながら、法務や教えを学ぶ初心の僧侶。

【用語解説】要懴悔(ようさんげ=西山浄土宗など)
 中国浄土教の大家・善導大師の著書で、往生極楽を願う儀式を定めた『往生礼讃』の抜粋。

(文化時報2020年6月6日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

文化時報プレミアムは金曜に移行します

 宗教専門紙「文化時報」をご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。

 毎週水曜夕方にホームページとnoteでアップしておりました「文化時報プレミアム」につきましては、新聞発行日の変更に伴い、今週から毎週金曜夕方に変更させていただきます。

 今後とも読み応えのある記事を配信してまいりますので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。