月別アーカイブ: 2021年7月

出世街道捨て出家「自分の力だけ信じていた」

 「信じられるのは自分の力だけ」と考えていた婦人服ブランド開発会社のバイヤーが、出世街道を投げ捨てて出家したのは、自分以外の力によって生かされていると感じるようになったからだった。浄土宗安楽寺(大阪府泉大津市)の常住(とこずみ)哲也住職(48)がそれまで敬遠していた仏教に目を向けるようになったのは、妻や師匠との出会いがきっかけだった。(大橋学修)

常住哲也住職

父の急逝と苦学生活

 大阪府阪南市で1972(昭和47)年5月、建具店を営む父のもとで生まれた。バブル経済の華やかな時世で育った少年は、ツアーコンダクターになることを夢見ていた。大学進学を控えた高校3年の6月、父のがんが発覚。すでに末期で、11月末に急逝した。

 「こんな大事な時に、なぜ僕だけ…。神も仏もあるものか」

 心の落ち着かないまま臨んだ受験は、失敗に終わった。経済的な余裕もなく、進学を諦めようと考えていたが、兄と母の援助で予備校に通い、1年後の受験を目指すことになった。

 アルバイトで学費を稼ぎながら通える近畿大学の夜学を受験し、経済学部に合格。朝8時から午後3時半まで、生活協同組合で仕分け作業のアルバイト。終業後に通学し、帰路は毎日終電だった。日曜日は泥のように眠った。

 在学中にバブルが崩壊し、憧れだった旅行業界にも陰りが見えはじめた。興味の方向はファッション業界に向かい、卒業後は婦人服ブランドを展開する老舗企業に入社。店舗での接客を振り出しに、5年目にはバイヤー、7年目には新規事業の立ち上げメンバーとなり、海外を飛び回るようになった。

見守られている喜び

 妻との出会いは、高校時代の剣道部の先輩が縁だった。多忙な学生生活の中でも交際を続け、28歳で結婚した。妻は、安楽寺住職の二人娘の長女だったが、次女が寺を継ぐことが決まっていた。

 結婚前は寄り付きもしなかった寺だったが、入籍後は大きな法要があるたびに、親族として裏方の仕事を手伝うようになった。檀信徒が手を合わせる前で、布教師である義父が法話を行っていた。

 亡くなった父は、消えてなくなったと思っていた。

「念仏を唱えることで極楽浄土に往生する。行き先があって、見守ってくれている」。このような信仰があったのかという驚きと、見守られていることへの喜びが込み上げた。

 「生かされている」をテーマとする法話もあった。会社で出世街道を駆け抜けているのは、自分の力によるものだと思っていた。「仕事ができて、結婚できたのは、ありがたいことなのだ。周りや父母がいることで、自分が存在しているのだ」。父の死後、がむしゃらに生きてきた肩の荷が下りた気がした。

 社内を見渡すと、以前の自分と同じような人たちがいる。ライバルを出し抜こうとする人もいる。「以前の自分と同じように考えている人に、今思っていることを伝えたい」。そう考えて仕事に取り組むと、周囲が協力してくれるようになった。さらに仕事への道が開けた。

阿弥陀如来に献じる灯明を準備する

妻と義父も驚愕

 安楽寺の後継者を迎え入れる見込みだった妻の妹が、在家に嫁ぐことになった。アパレル業界でチャンスをつかもうと磨いてきたアンテナが反応した。「僧侶を目指したい。自分の思いを伝えたい」。妻は驚いた表情で「本当にするの?」と尋ね、期待していなかった義父も驚愕した。

 会社の上司に辞意を伝え、1年後の退職を目指して後進を育成。浄土宗僧侶としての基礎知識を学ぶ教師養成道場に、退職してすぐ入行した。夏と冬に開かれる2週間の道場に、計4回入行し、36歳の時に伝宗伝戒道場=用語解説=に入った。

 伝宗伝戒道場では、暗闇の中で灯明に照らされた阿弥陀如来に礼拝を重ねる修行がある。それまでの人生が思い起こされ、懺悔の気持ちが沸き上がった。

 安楽寺で法務に励む一方、義父も現役として活動しており、時間はあった。そんな折に声を掛けてくれたのが、同じ泉大津市にある生福寺の石原成昭住職。地域貢献に取り組む泉大津青年会議所(JC)への勧誘だった。親しみやすい石原住職を見て、「これからのお坊さんは、身近な存在でなければ」と感じた。

 メンバーとともに2009年に設立したのが、NPO法人「泉州てらこや」。石原住職が理事長、常住住職は福理事長となった。中学校への出前授業や、東日本大震災で被災した地域の特産品の販売、地域イベントなどに、現在も取り組む。

 地域に入っていくことが、これからの僧侶に求められると考えている。つらい気持ちを抱える人の相談を受けるには、身近な存在になることが必要だからだ。

 常住住職は言う。「寄り添うとは、相手の世界の一員となること。思いを共に感じたい」
          ◇
【用語解説】伝宗伝戒道場(でんしゅうでんかいどうじょう=浄土宗)
 浄土宗教師になるための道場で、総本山知恩院と大本山増上寺で開かれる。加行、加行道場ともいう。

(文化時報2020年12月12日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

noteで連日記事公開 2021年7月4連休

 こんにちは。宗教専門紙「文化時報」編集局です。

 東京オリンピック開会式に合わせた7月22日からの4連休に、文化時報は東日本大震災に関する読み物を連日、ブログサービス「note」で公開します。
 https://note.com/bunkajiho

 連載「復興へ 福島の春」。福島第1原発事故から10年という節目を迎え、現地の寺院の「いま」と「これから」を描きました。

 「復興五輪」を掲げる東京五輪だからこそ、期間中に被災地へ思いを馳せたい。そんな願いを込めた記事公開です。

 アップされ次第、noteの以下のページにリンクを貼っていきますので、日程表としてご活用ください。
 https://note.com/bunkajiho/n/n13418673ee98

お寺は町の宝物 天橋立・大頂寺

 日本三景の一つ、天橋立に近い浄土宗大頂寺(京都府宮津市)は、名刹としてだけでなく、積極的に市民とイベントを行う寺院として知られている。地元の観光協会が主催するライトアップに参加したり、独自にコンサートを開催したり。「観光とは、光を観ると書く。だから市民が輝いていなければならない」。土方了哉住職(62)はその一念で、自坊を地域に開いている。(大橋学修)

2020年11月8日に開催した大頂寺オータムコンサート

観光業の斜陽化懸念

 宮津市は、天橋立を中心とした観光のまち。就業人口の約73%が第3次産業に就いている。2015年に京都縦貫自動車道が全線開通し、市内への流入人口が増えた。一方で、京阪神からの日帰りが可能になり、新型コロナウイルスの影響も相まって、観光業の斜陽化が懸念されている。

 こうした中、毎年10月に約1万個の手作り灯籠などで夜の寺町周辺をライトアップする「城下町宮津七万石 和火(やわらび)」(天橋立観光協会主催)も2020年は中止になった。市民が一体となって07年から続けているイベントで、かつての宮津城下町を中心に、大頂寺など11カ寺をライトアップし、各所で芸術イベントを開催。域の交流にも一役買う秋の風物詩とあって、市民からは残念がる声が上がっていた。

 「地域のために、何かできないか」。そう考えていた土方住職の元に、ある知らせが届いた。ジャズピアニストで関西を拠点に活動する金谷(かなたに)こうすけさん(62)が、宮津市に移住したという話だった。

渇望されたコンサート

 金谷さんは幼少期を宮津で過ごした経験がある。同級生の土方住職は、すぐに「帰郷コンサートを開かないか」と持ち掛け、11月8日に「大頂寺オータムコンサート2020~浄土の庭で音楽の集い」を開いた。

 コンサートを独自開催できたのは、これまで「和火」に参加し続けてきたからだった。中古の照明設備を買い、野外ステージを作った経験が、今回の会場設営に役立った。何より、地域の人々が進んで協力してくれた。

 「和火」の企画運営に携わる大西了さん(58)は「ライブハウスと違い、最初から音楽環境が出来上がっていたわけではない。地元のみんなで最初から創り上げるコンサートだったからこそ、魅力があった」と話した。

 当日は約200人が来場。金谷さんら5人が、モダンジャズからオリジナル曲まで幅広い曲を屋外で演奏し、一時は雨がぱらついものの、大いに盛り上がった。金谷さんは「こんなすてきなロケーションで演奏できたのは初めて。僕の音楽の原点である宮津に恩返しできた。来年もやりたい」と語った。

 人が集まらない可能性を危惧しながら参加したという檀信徒総代の岩見清次さん(85)は「みんながこういうイベントを渇望していた。気分を高揚させるのが、長生きの秘ひ訣けつですから」と笑った。

お焚き上げが契機

 大頂寺は1606(慶長11)年、宮津藩主京極高知によって建立され、歴代藩主の菩提所となった。地域に開かれるようになった契機は、撥遣式(はっけんしき)=用語解説=の後に位牌や仏具を焚き上げる浄焚式(じょうぼんしき)を行ったこと。出入りの仏具店から「これまでごみ処理場に持ち込んで心を痛めていた」と打ち明けられ、定期的に行ってほしいと頼まれた。すると、仏具やお札にとどまらず、ぬいぐるみや人形が檀信徒や地域住民から持ち込まれた。

 「それぞれの人が、思いのこもったものを何とかしたいという気持ちを持っていることに気付いた」。これ降、土方住職は寺院を地域に開くことを意識するようになった。

 そこで始めたのが、寺宝の常時公開。法然上人一代記絵伝や5代将軍徳川綱吉直筆の墨書などを、奥書院に並べて展示した。すると、檀信徒から宮津藩に関する品々が寄託され、展示品が増えていった。

徳川綱吉直筆の墨書について説明する土方住職

 「文化財的な価値はなくても、お寺の歴史を物語っている。奥にしまっていては、生かされない。見るために人が集まるなら、寺宝は町の宝とも言える」

 土方住職は、それぞれの寺院が特色を生かして、地域発展の一端を担うことを強く勧める。「寺院を町の人に使ってもらい、街の歴史や文化を磨いて輝かせることが大切。さまざまなことに取り組むのは大変だが、寺院の意識改革が必要だ」と話している。
          ◇
【用語解説】撥遣式(はっけんしき=浄土宗)
 一般的に「魂抜き」や「お性根抜き」と呼ばれる法会の浄土宗における正式名称。仏像・菩薩像、曼陀羅(まんだら)、位牌、お墓、石塔など、礼拝の対象となるものを修理・処分する際に行われる。

(文化時報2020年12月5日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

在宅医療に電子連絡ノート「宗教者も参加を」

 在宅医療の現場で、医療者がタブレット端末「iPad」を通じ、宗教者と患者情報を共有する研究が進んでいる。端末に搭載されたアプリは、その名も「電子連絡ノート」。野本愼一京都大学名誉教授(医学博士)らの研究グループが開発した。スピリチュアルケア=用語解説=を行う臨床宗教師=用語解説=に着目し、「チームで対処すれば、患者や家族の悩みを解決につなげられるのではないか」と考えている。(主筆 小野木康雄)

電子連絡ノートのメッセージ画面

心のケアに活路

 「他者に認められることに満足し、精神的苦痛も緩和されているようです」。施設の相談員が電子連絡ノートに記入した内容を見て、主治医はこう応じた。「悲観的な発言がなくなり、とても落ち着いている」

 背骨の靱帯が骨になる難病を患った74歳男性。入居する老人ホームで、当初は周囲に「こんな体で生きている意味がない」「死にたい」と漏らし、自ら食事を絶つまで落ち込んでいた。

 そこへ、臨床宗教師が訪問しはじめると、男性は病気になる前のことや、輝いていた過去のことを語りだした。表情は明るくなり、食事も再開したという。

 これらの情報は電子連絡ノートを通じ、医療者と臨床宗教師で共有されていた。野本名誉教授らのグループは今年6月、男性のケースを含む4症例を研究成果にまとめ、こう結論付けた。

 「臨床宗教師が在宅医療・介護チームに参加することは、心のケアになり得る。電子連絡ノートを活用することで、医療職・介護職が知り得ない情報を共有できる」

患者・家族を主体に

 電子連絡ノートの開発が始まったのは2010年。日本でiPadが発売された年で、野本名誉教授らは文部科学省の科学研究費助成を受け、研究開始にこぎつけた。翌年から試験利用をスタートさせ、13年に商標録。14年には野本名誉教授を理事長とする一般社団法人電子連絡ノート協会を設立した。

 コンセプトは、患者宅にある手書きの連絡帳の情報通信技術(ICT)化。患者・家族を情報発信の主体と捉えることで、従来の医療職中心ではなく、職種の壁を越えた連携が可能になったという。そうした中、話すことのできなくなった神経難病の患者が、わずかな指の力でこう記入したことが、野本名誉教授らの胸を打った。

 「iPadさえあれば、主治医に連絡がすぐ取れる。愚痴ることもできるのです。文字ならば通じることもできるのです」

 完治を望めない患者の愚痴を聞けるのは、医師や看護師、介護スタッフではなく、傾聴の訓練を受けた専門職ではないか。医療職とは異なる人でもチームに入れるという電子連絡ノートの特性を生かし、死生観に長けた人に加わってもらうべきではないか―。そうした発想で、臨床宗教師に研究への参加を呼び掛けるようになったという。

臨床宗教師らに電子連絡ノートを使った研究参加を呼び掛ける野本愼一名誉教授(左)ら

研究協力で無償利用

 研究は在宅医療関連の財団から助成を受けながら続いているが、新型コロナウイルスの影響で思うように症例が集まっていない。

 また、野本名誉教授によれば、医療者にとっては、臨床宗教師の活動がまだよく知られておらず、宗教というだけで布教や霊感商法を連想し、警戒する人も少なくないという。

 今後は在宅医療の医師らに研究への協力と臨床宗教師への理解を呼び掛け、代わりに電子連絡ノートを無償で使ってもらいたいとしている。

 野本名誉教授は言う。「臨床宗教師をはじめとする宗教者には、ぜひ目覚めてほしい。あなたたちを待っている人は、たくさんいる」
        ◇
【用語解説】スピリチュアルケア
 人生の不条理や死への恐怖など、命にまつわる根源的な苦痛(スピリチュアルペイン)を和らげるケア。傾聴を基本に行う。緩和ケアなどで重視されている。

【用語解説】臨床宗教師(りんしょうしゅうきょうし=宗教全般)
 被災者やがん患者らの悲嘆を和らげる宗教者の専門職。布教や勧誘を行わず傾聴を通じて相手の気持ちに寄り添う。2012年に東北大学大学院で養成が始まり、18年に一般社団法人日本臨床宗教師会の認定資格になった。認定者数は21年3月現在で203人。

(文化時報2020年11月28日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

「看仏連携」初の研修会 まず病院内から

 看取りやスピリチュアルケア=用語解説=を巡って看護師と僧侶の連携を目指す「看仏連携研究会」の第1回研修会が10月11日、オンラインで開かれた。「病院内における看護師と僧侶の連携と協働」をテーマに、約30人が講演やグループワークで学びを深めた。

オンラインで行われた看仏連携研究会の第1回研修会

 看仏連携研究会は、臨済宗妙心寺派僧侶で、医療経営コンサルティングなどを手掛ける株式会社サフィールの河野秀一代表取締役が呼び掛けて設立。研修会を通じ、病院・看護師と寺院・僧侶を結び付けることを目的としている。

 研修会では、長岡西病院ビハーラ病棟(新潟県長岡市)で約10年間、常勤ビハーラ僧を務めた森田敬史龍谷大学大学院教授の講演ビデオを上映。森田教授は「僧侶が患者に関わることの即効性は、限られている」と指摘した上で、「心に響くポイントは、患者それぞれ。何げないお世話を通じて関係性を作り、アンテナを張っている」と、僧侶の役割を語った。

 続いてパネルディスカッションとして、浄土宗僧侶で松阪市民病院緩和ケア病棟(三重県)の臨床宗教師、坂野大徹氏と、がん看護専門看護師の小山富美子神戸市看護大学准教授が、それぞれの立場から連携のポイントを語った。小山准教授は事前収録で臨んだ。

 また、2020年5月に訪問看護ステーション「さっとさんが願生寺」(大阪市住吉区)を開所した浄土宗願生寺の大河内大博住職が、自身の取り組みを紹介。僧侶は医療・福祉との連携を通じて公共性を身に付けることや、患者・家族のスピリチュアルケアに当たることが問われるとした上で、「寺檀関係以外の関係をいかに紡ぐかが重要」と述べた。

 その後、参加者が3~4人ずつに分かれ、鍋島直樹龍谷大学大学院教授の司会で「看取りで必要なもの」について意見交換した。

 公益社団法人大阪府看護協会の高橋弘枝会長は「僧侶と看護師は互いの専門性を生かしてチームを組むべきだ。この活動をどんどん続けていかなければならない」と強調。「僧侶は看取りにこだわらず、生き方を支えるアプローチをしてもいいのでは」と話した。

 登壇者の主な発言は以下の通り。

「対機説法」が有効
龍谷大学大学院教授・森田敬史氏

 私が常勤ビハーラ僧として10年間勤務していた長岡西病院ビハーラ病棟(新潟県長岡市)は「お坊さんのいる病棟」として認知されていた。仏堂では朝夕の勤行があり、その様子は病室のテレビに中継されていた。

 ビハーラ僧は、何げない身の回りのお世話を通じて、患者との関係性を構築している。心に響くポイントが違うので、型にはまったケアのメニューを作るのではなく、その場で対応することが重要。「対機説法」の考え方が有効だ。あえてふらふらしてアンテナを張り、空気感をキャッチする。

 「宗教者は救いの世界に導いてくれる」「心のケアの専門家だから安心だ」などと、医療者からは期待されているかもしれないが、即効性が確認できるのはほぼ一部。宗教者は、生き切ろうと一生懸命な人に、心を寄せることしかできない。無力な自分をしっかりわきまえておく必要がある。

 医療者は0か1かのデジタル的アプローチをするが、宗教者はアナログ的アプローチを試みる。隙間産業のような状態を作り出すことを目指すといえる。

 宗教者には、医療者の負担をなくすことは難しいが、軽くすることはできる。生死の問題に関われるのも、宗教者ならではだろう。

布教・伝道は目的外
松阪市民病院緩和ケア病棟臨床宗教師・坂野大徹氏

 スピリチュアルペインはがんと診断されたときから生じる。告知を受け、診察室から出たとき、患者は誰かに話を聞いてほしいという思いになる。この時点から、緩和ケアは必要だ。

 松阪市民病院緩和ケア病棟には、最期を迎える方が入院する。理念は「静かに自分自身を見つめる場」。これ以上治療を望めない人が、自分の来た道を振り返る。その中で臨床宗教師は、亡くなるまでのスピリチュアルケアを担い、亡くなった後は患者が所属する宗教・宗派の宗教者や遺族会にバトンタッチする。

 出勤日は、朝の申し送りで患者の状態を確認し、午後のカンファレンスに参加する。症例検討会に出席することもある。各病室を必ず1回は訪れ、患者と話をする。話ができない状態でも、聞こえている前提で、家族といろいろな会話をする。談話室で一緒にお茶を飲むこともある。病棟の行事や外出支援も行う。

 布教・伝道を目的とした活動はしていない。こちらから宗教的な話はしないし、尋ねられれば宗教・宗派を問わず、自分の知識を基に答えている。ただ、患者から求められて、御詠歌のCDを貸したことや、双方了解の上で般若心経を唱えたことはある。

葛藤に寄り添って
神戸市看護大学准教授・小山富美子氏

 医療現場で看護師が僧侶に期待することは、二つある。一つは、生きること・死ぬことに関する現場の葛藤に寄り添い、一緒に考えてくれる存在であること。もう一つが、死への恐れと専門職としての成長の間で葛藤する若い看護師の「揺らぎ」への支援だ。

 僧侶には、チームに入って、スピリチュアルペインを抱える患者・家族の直接的なケアやサポートをしてほしい。看護師にとっては、スピリチュアルペインのことを分かっている人がそばにいることは心強いし、スキルアップにもつながる。

 緩和ケア病棟では、亡くなった後に患者のことを振り返る「デスカンファレンス」を行い、悲嘆を支え合っている。ただ、多忙で時間の確保が難しく、建設的な意見交換が目的なのに、責められている感情になることもある。僧侶が加われば、違う視点を示せるはずだ。

 新型コロナウイルスの影響で、2020年度卒業の看護師は実習を十分に受けていない。自分の死生観を問い直したり、素直に話し合ったりする環境がない。そうした若い看護師への支援も含め、ケアを一緒に考えてくれる人、そばに寄り添ってくれる人として、僧侶には同じチームにいてほしいと願っている。

寺檀以外の関係紡ぐ
浄土宗願生寺住職・大河内大博氏

 訪問看護ステーション「さっとさんが願生寺」(大阪市住吉区)を2020年5月に開所した。社会と寺院が困難を抱える中、これからどんな時代を生きるのかを考えたことが出発点となった。

 寺檀制度が限界を迎え、墓じまいや仏壇じまいが進んでいる。新型コロナウイルスの影響で、儀礼の簡素化も進んだ。檀家というメンバーシップは弱体化せざるを得ない。

 日本は人口減少と高齢化で他の先進国にない事態を迎える。社会保障や死生観も変化するだろう。いずれは宗教者らが医療・福祉に関わるが、今は時期尚早で、本番は2030~50年ごろではないか。それに向けて、鍛錬しておく必要がある。

 さっとさんが願生寺は、ケアの専門職を在宅医療の現場に派遣する「スピリチュアルケア在宅臨床センター」と両輪だと考えている。目標は、社会全体に仏教精神を伝えることだ。

 大切なのは、僧侶が公共性を持って、どう多職種連携できるか。世代間をいかにつなぎ、多様な価値観を尊重し合えるかだろう。

 地域によって課題は違うが、寺院は寺檀関係以外の関係を紡ぐ必要がある。社会の中でさまざまな人と支え合い、信頼関係を育む役割があるのではないか。
            ◇
【用語解説】スピリチュアルケア
 人生の不条理や死への恐怖など、命にまつわる根源的な苦痛(スピリチュアルペイン)を和らげるケア。傾聴を基本に行う。緩和ケアなどで重視されている。

(文化時報2020年10月17日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム