月別アーカイブ: 2021年8月

嫌った故郷で住職継ぐ

浄土宗林昌寺 静永敬雄氏

 三重県伊賀市の浄土宗林昌寺は、「一村一カ寺」という言葉が当てはまる典型的な中山間地域の寺院だ。唯一のお寺だからこそ、寺族の一挙手一投足が地域住民の目に留まる。そんな環境を嫌って、29年間にわたり一般企業に身を置いた静永敬雄氏(56)は、4年前に専任の住職となった。「たとえ地域から人がいなくなっても、寺の存在感は発揮したい」。そう考えるまでになった心境の変化とは―。(大橋学修)

一時は「逃げ切った」

 林昌寺には、小学4年生の時に移り住んだ。僧侶で元NHK記者の父が、祖父の後を継いで住職になったからだ。6年生までは父の言い付け通り朝のお勤めに出ていたが、中学に入ると嫌に思うようになった。

 地域の人々から言動を注視され、将来は住職になるのが当然と思われている。「自分は後を継ぎたくない」。佛教大学を勧める父の反対を押し切り、金沢大学法学部に入学した。それでも父は口うるさく僧侶になるよう求めたので、道場に入りながらも修行期間を調整。僧侶になることなく、1988年4月に日本経済新聞社へ入社した。「逃げ切った」と思った。

 大阪本社販売局に配属され、販売店との折衝などで西日本各地を飛び回る日々。林昌寺に寄り付きもしなかったが、妻子をもうけたことを契機に、帰省するようになった。父は、面と向かって「帰ってこい」とは一言も言わなかったが、老いを深めていた。

 95年1月17日、阪神・淡路大震災が発生。当時は、兵庫県西宮市と芦屋市が担当区域だった。翌日にオフロードバイクで現地入りし、取引する販売店を目指して、壊滅的な被害を受けた街を巡った。世の無常を感じ、いつしか寺を継承しようという気持ちが湧いた。

 「地域に関わりのない住職が葬儀を勤めるよりも、幼い頃から見知った私が執り行った方が良いのではないか」
 
 幸いにも、伝宗伝戒道場=用語解説=に入行する単位取得方法が変更され、一般企業で就業していても道場に入りやすくなった。決算で忙しい12月の開催だったにもかかわらず、同僚たちも会社も協力的だった。2008年12月に満行し、僧侶資格を得た。

動画配信に活路

 林昌寺の法灯を絶やすまいと、17年に日経を退職し、住職に専念するようになった。地域で行われる集まりには全て顔を出し、道で出会った人には必ず声を掛ける。そうして地域と一体になろうとするのは、寺院を公的機関と考えているからだ。

 「あくまで寺に住まわせてもらっている身。だから、檀信徒がスイッチを入れるとすぐ起動できるよう、待機状態であることが必要だ」。ただ、林昌寺の立地する伊賀市中柘植(つげ)地区にも、過疎が忍び寄る。兼業農家が大部分を占め、若い世代が農業に関わる家は少ない。静永氏は「今後10年間で耕作放棄が進むのではないか」と危惧する。

林昌寺は、中山間地域の中柘植地区に立地する

 地区では毎年1月半ばに「勧請縄(かんじょうなわ)さん」と呼ばれる無病息災を祈る行事が営まれる。直径15センチほどの縄3本でしめ縄を作り、地区を流れる柘植川を渡して架ける。近年は縄を結える人が少なくなり、周辺には行事が途絶えた地区もある。そうした地区ほど、若い世代が流出して人口が減っている。

 人口減少が進めば、他の寺の住職を兼ねる兼務寺院や住職のいない無住寺院が増え、寺院消滅の危機を招く。静永氏は「兼務寺院として一時は存続できても、そうした寺院を檀信徒は信頼しない。結局、仏事を営むビジネスになってしまう」と話す。

 若い世代を、いかに地域につなぎ留めるか。

 試みているのは、懐かしい古里の風景を紹介する動画の配信だ。伊賀霊場会が動画投稿サイト「ユーチューブ」に開設した「法然上人伊賀霊場チャンネル」で、豊岡浩史念佛寺副住職、西野龍弥西念寺住職とともに伊賀霊場を巡り、地域の情景や霊場の特色を紹介している。これまでに50カ寺中21カ寺で取材を終えた。

 「住職として寺を残していくことは当然のこと。寺の存在感を発揮するためには、人との関係性が大切」と話す静永氏。かつての自分のように、地域を出て行った人々と縁を結ぶことで、いつまでも地域に心を残してもらうことを目指している。具体的な取り組みは、これからだ。
     ◇
 【用語解説】伝宗伝戒道場(でんしゅうでんかいどうじょう=浄土宗)
 浄土宗教師になるための道場で、総本山知恩院と大本山増上寺で開かれる。加行、加行道場ともいう。

(文化時報2021年1月28日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム

連日記事公開 2021年8月お盆

 
 こんにちは。宗教専門紙「文化時報」編集局です。

 今年もお盆に合わせて、文化時報の紙面で反響のあった記事を連日、noteで公開します。

 今回の連日記事公開は8月7日~16日の10日間。いずれも「社会と宗教をつなぐ」を社是とする文化時報らしい記事ばかりです。ご先祖さまと戦没者の方々をしのぶこの時期だからこそ、仏教をはじめとする宗教のいまを知ってくだされば幸いです。

 noteのこちらのページに、URLを連日貼っていきます。
 https://note.com/bunkajiho/n/n66012e18ad21

伝統の「貝寺」発信

浄土宗本覚寺・山岡龍史住職

 和歌山県白浜町の浄土宗本覚寺は、徳川御三家の紀州藩に縁があり、藩主に珍しい貝殻の収集を命じられた歴史から「貝寺」と呼ばれている。所蔵する約千種・3万点に上る貝殻を活用し、お寺を地域のシンボルにできないか。在家出身で音響照明の仕事をしてきた山岡龍史住職(44)は「新しいことにチャレンジしたい」と話す。

隠れた所に音響照明のプロの技。機材はネットオークションで買った

 山岡住職は1976年、松山市生まれ。内装工事業を営む家庭で育った。四国八十八ヶ所霊場51番札所石手寺(真言宗豊山派)が子どもの頃の遊び場で、高校時代に読んだダンテの『神曲』でキリスト教にも死後の世界があると知った。

 専門学校を卒業後、20歳の時にイベントやコンサートで音響照明を手掛ける地元企業に就職。愛媛県や高知県の文化会館で、派遣職員として勤務した。

 結婚相手の父親は、浄土宗寺院の住職。義兄と義弟も法務を手伝っていた。人手は足りていたが、義父に「得度して寺を手伝わないか」と誘われた。「僧侶という生き方もいいかも」と、転職して仕事の都合をつけながら、2年4期にわたり修行する教師養成道場に入った。

 『観無量寿経』の一節から、自分自身が大きな慈悲に支えられていることに気付いた一方、道場では講師陣からは「教えを伝える僧侶としての姿勢」を学んだ。感じるだけでなく、伝えるのが宗教者だと思い知った。

空間を感じ、魅力伝える

 浄土宗教師としての資格を得た後も、会社勤務の傍ら休日に法務を手伝うだけだった。「果たして、これが自分自身の歩む道なのだろうか」。こなしているだけのような日々に疑問が湧いていた頃、別の寺院の法要を手伝った縁で、「貝寺」の後継者にならないかと誘われた。

 伝統ある寺だと聞いていた。だが、いつも集まるのは、御詠歌の講員と檀家総代しかいない。「寺が心のよりどころであってほしい」。2016年4月に住職として晋山した後は、地域の人々と交流するために試行錯誤した。

 「寺の空間を感じることが、阿弥陀仏を感じることに通じるはず」。音響照明の仕事をしてきた経験を生かし、翌17年1月25日の御忌大会では、刑務所で慰問活動に取り組む女性デュオを招いてコンサートを開いた。秋の十夜法要では尺八の演奏会を開催。以来、年2回程度のペースでイベントを行っている。

 少子高齢化が進み、リゾート地でありながらさびれつつある白浜町のことが気に掛かる。最近は東京に本社がある企業がサテライトオフィスを置くようになるなど明るい材料もあるが、地域の魅力のさらなる発信が必要と感じている。

 幸いなことに「貝寺」には、先代住職が整備した「貝の展示室」がある。「寺は地域のシンボル。新しいことにチャレンジし、町の発展に貢献したい」と意気込む。

(文化時報2020年12月19日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム