盗難仏を展示 “奥の手”使う博物館の困った事情

 和歌山県立博物館(伊東史朗館長)は、2010~11年に盗難に遭って以来所有者が分からない「阿弥陀如来坐像」を今年4月にスポット展示した。所有者の手掛かりを募るとともに、文化財盗難の現状を知ってもらい、盗難対策の強化につなげたいとしている。

 展示された仏像は、高さ55・8㌢の一木造り。盗難事件後、13年から同館が保管している所有者不明の文化財43点の中では、最古かつ最大の仏像という。

 像自体は平安時代中期の作とみられるが、光背と台座は1787(天明7)年に造られたことが分かっている。台座の銘文に「野上下津野」の地名が見られ、現在の和歌山県海南市下津野近辺に伝わった可能性がある。

展示された盗難仏の阿弥陀如来坐像と大河内智之主任学芸員


 同博物館の大河内智之主任学芸員(日本美術史)は「美術品や文化財としての価値はもとより、地域の信仰の歴史を背負ってきた点からも貴重な仏さま。一日も早く元の所有者にお返ししたい」と話している。

地域の信仰どう守る

 仏像の盗難は、地元住民にも暗い影を落とす。

 「盗難事件が起きているとは聞いていたが、『まさか自分たちのお堂が』という思いだった」。和歌山県高野町花坂地区の前区長、上田静可さんはそう振り返る。

 上田さんが世話役を務める花坂観音堂では、江戸時代の作とみられる阿弥陀如来立像が2011年1月に盗まれたことが分かり、現在も行方が分かっていない。

 当時、お堂の防犯対策は南京錠による施錠のみ。賽銭(さいせん)の盗難もたびたび発生していた。付近の民家からは死角に当たり、管理を担う住民も高齢化していた。

 和歌山県内では2010年から翌年春にかけ、山間部の無住寺社やお堂を中心に、仏像172体と仏具・神具などが盗まれる事件が発生。これ以降も無住寺社を狙った盗難事件が相次ぎ、17~18年には和歌山市など3市の10カ寺で仏像60体以上が、19年にも田辺市の2カ寺で本尊が盗まれた。オークションサイトで転売され、いまだに行方が分からないものが大半を占めている。

 和歌山県立博物館の大河内智之主任学芸員は、相次ぐ文化財盗難の背景について「過疎化や高齢化に伴う無住寺社の増加、手軽に使えるインターネットオークションの普及が重なり合い、犯罪を生みやすい環境になっている」と分析する。

 事件当時、被害者の多くが「仏像を盗む罰当たりな人がいるとは思わず、防犯を考えたこともなかった」と口にした。住民側には信仰の対象であっても、盗む側には商品であり、心理的な抑止力は働かない。

 大河内主任学芸員は「管理の担い手が減る中で信仰の場を犯罪から守るには、盗む側と盗まれる側の意識のギャップを理解し、物理的な対策を考える必要がある」と話す。

仏像の盗難被害に遭った花坂観音堂

3Dプリンターで「お身代わり」

 そこで和歌山県立博物館は、本物の像を博物館へ移し、3Dプリンターで制作した「お身代わり仏像」を安置する取り組みを13年から行っている。視覚障害者向けの教材として使っていたレプリカを活用できないかとの発想で、地元の高校生・大学生と協力して制作を始めた。

 予算は平均10万~20万円で、大きなものだと50万円ほど。専門業者に依頼した場合に比べ、10分の1程度のコストで制作できるという。昨年秋に京都市で開催された国際博物館会議(ICOM)に出品され、レプリカの新たな活用法として世界からも注目を集めている。

 奉納した「お身代わり」は、今年2月末時点で28体にのぼる。「大切な仏さまを偽物で代用するのか」との批判がある一方、地域住民からは「盗難を心配せず安心して眠れる」「学生さんとのふれあいがうれしい」など感謝の声が多いという。

 同館は、無住寺社への防犯カメラ設置などを呼び掛けているが、防犯設備の管理自体が難しい地域も少なくない。大河内主任学芸員は「お身代わり仏像は、そうした地域を救う究極の一手。いずれは本物の仏像を地域に戻せればと願っている」と話す。

 その上で「文化財盗難は、地域の歴史を壊す卑劣な行為だ」と強調。2010年の事件を教訓に、県警と県教委が連携して対策を進めており、「他県でも被害が見えていないだけで、盗難が起きている可能性もある」と指摘した。(安岡遥)

(文化時報2020年4月11日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム