僧侶になったバーテンダー「誰もが救われる」

 「命尽きる前に思い出して、お念仏を唱えてくれれば、必ず往生できる」。浄土宗光明寺(兵庫県三木市)の住職、小泉慶典氏(53)は、そう言い切る。青年時代にバーテンダーやコピーライターを経験し、仏門へ。今では布教師として、自死遺族の支援にも取り組む。往生できるという確信はいつ、どのようなきっかけで生まれたのか。(大橋学修)

浄土宗光明寺の小泉慶典住職

レールに乗ることへの抵抗感

 父は先代の住職で、中学校の社会科教員と兼業していた。小泉氏は、少年の頃から聞き分けのいい子どもとして育ったが、進学先の同志社大学では2年を待たずして退学。「みんなが浮かれている状況になじむことができず、大学がつまらなく感じた」。時代はバブルの真っ盛りだった。

 東京で絵描きとして活動していた友人宅に転がり込み、実家には事後報告。「二度と戻らない」と伝えた。「生き方を決められ、レールに乗って粛々と過ごすことが嫌だった」。文章を扱う仕事を夢見たが、生活のために、レストランのウエーターやバーテンダーなどの職を転々とした。
 
 20歳を過ぎ、コピーライターの職を得た。スキルアップを目指して1年余りで転職したが、思うように仕事が進まず、プレッシャーに押しつぶされて退職。バーテンダーに戻った。

 バックコーラスや作曲活動を行う女性と結婚。神奈川県藤沢市に引っ越した。折しもフリーランスのコピーライターとして仕事をもらい、さまざまな広告のコピーを6年間、綿々とつづり続けた。

僧侶養成講座で圧倒

 僧侶となったきっかけは、結婚式。音信不通だった両親に出席を請うと、「僧侶の資格を取るなら、出席してもいい」と言われた。

 それだけの理由で、佛教大学の仏教通信課程で学び、29歳の時に僧侶資格を得た。すると、教えが気にかかるようになった。「まだ自分は何も分かっていない」。きちんと知った上で、身の振り方を考えようと思った。

 妻を藤沢市に残して、いったん実家の光明寺に戻った後、藤沢市に近い鎌倉市の大本山光明寺で、布教師養成講座が開催されることを知った。妻に会いに行くチャンスと思って気楽に参加してみると、後に大正大学の教授となった林田康順氏がノンストップで何時間も話し続ける講義内容に圧倒された。教えの素晴らしさと、伝えることの大切さに気付いた瞬間だった。

 「極楽浄土には、実際に阿弥陀さまがおられる。お念仏を唱えれば、そこに往生できる。この世で大切な方との別れがあっても、いずれはお浄土で肩をたたき合ったり、抱き合ったりできる」。小泉氏がそう断言する理由は、明解だ。「人間が説くのではなく、仏さまが説かれたのだから、間違いない」

 修了後は、総本山知恩院の布教師会に入会。さらに、休眠状態だった大本山金戒光明寺布教師会の活動再開にも関わった。

状況に応じるな

 金戒光明寺布教師会は、法然上人の教えをそのまま伝えることを最も重視している。時代とともにライフスタイルが変化しても、人間がたどる生老病死は変わらない。苦しみは、昔も今も同じ。だからこそ、当時の教えは現代にもそのまま通用するという。

 小泉氏は、僧侶の役割をパイプにたとえる。「太さや長さが違っていて、表面がどんな色をしていてもいいが、筒の中は奇麗でないと、教えに異物が入る」

 金戒光明寺布教師会のメンバーが中心となって取り組む「自死遺族のための法話の会」でも活動。自坊の檀信徒に話すときと、同じ内容を伝えている。「残された人は、亡くなった人と、お浄土で再会できる」と確信しているからだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、右往左往する僧侶を苦々しく思っている。「これまでは『仏さまに生かされている』『仏さまのおかげ』と言いながら、コロナ禍になって『この世は苦しみ』などと語り出した僧侶がいる。状況によってコロコロ変わる教えで、人が救われるのか」

 その上で、こう指摘する。

 「法然上人の教えで、誰もが必ず救われる。浄土宗の僧侶は、たとえ納得してもらえなくても、繰り返し説かなければならない。後から気付いてお念仏を唱えてくれれば、往生できるのだから」

(文化時報2020年6月3日号から再構成)
(購読のお申し込みは0800-600-2668またはお問い合わせフォーム